« 新幹線で移動 | メイン | 学会 »

詰工房参加

詰工房に参加。初めて参加したのが確か2003年の10月で、そのとき以来になる。今日は参加者が若干少なめだったのが残念だが、それでも同好の士と趣味の話ができるのはいいものだ。自分にとっての今日の懸案事項は、先日作った初めての曲詰がどう評価されるかということ。一瞬で解かれて批判されることも覚悟していたが、思っていたよりはよい評価をいただけてホッとした。

5時過ぎから近くの居酒屋で2次会。初めてお話しする方もいたが、詰将棋という共通の話題があれば、話も弾もうというものだ。バックギャモンの強豪でもあるSさんからは新作を見せられて四苦八苦。しらふでも解くのは苦手なのに、ビールが入っていてはどうしようもない。話して解いてまた話して、9時頃にようやく散会。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/23

コメント

そのnatsuoさんの作品も含めての曲詰特集なんだけど、来月で締め切って6月号のパラに掲載する予定。

ところが、お遊び気分で募集したのに傑作揃い。

学校に掲載されたら有力な半期賞候補なだけに、ちょっと申し訳ないような気分。

結果稿で頑張るしかないか。

結果稿、期待しております。ABC評価はつけてもらうのかな?
私のは同じ文字が他にもあるから、比べられるのがこわいな……。

コメントを投稿