« 詰将棋新聞 | メイン | 浮世離れ »

Last Move?

Ceriani-LastMove1.pngまたLuigi Ceriani先生のレトロ問題でも。この間の問題は議論を追うのも楽ではなかったが、Cerianiの作品には、最後に指された手が何かを当てろという一連の問題群があり、これはちょっと考えればすぐ解けるやさしいものが多い。これくらいが、疲れて帰宅した頭にはちょうどいいような気がする。

図は1951年に "Sahovski Vjesnik" の 1st Prize を獲得した作品。最後に指された手は何か?かなり手が限られているので難しくないと思う。正解はまた後日。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/106

コメント

さーやるか!

全然関係ないんですが、最近仕事でこういうのをやってます。
「条件Aを満たす過去の契約がそれぞれの契約日に遡ってすべて条件Bで締結されていたと仮定したときに、会社としてどれだけの収益変動があるか?(計算期間は条件Aの契約を売り始めた時点から現在まで。)
あるいは現在時点からすべて条件Bに変更したと仮定したときに、どれだけの収益変動が生じる見込みがあるか?(計算期間は現在から将来ずっとまで)」

こういうのを、英語でretroactiveというそうです。

できた・・・かな?
唯一解に特定できたので、たぶん大丈夫な気がします。

この手の問題に慣れていれば、それほど難しくはなかったことと思います。

コメントを投稿