« 一昨日のレトロ問題の答え | メイン | 寝ぼけた頭で詰将棋 »

次に譜読みする曲

2週間ぶりに浜松ピアノに行ってピアノを弾いてきた。今日もまたカープの試合と重なったために駐車場が大渋滞だったが、余裕を持って出ていたため、予約した時間には遅れることなく到着。

ニャターリやシューマンなど何冊か楽譜を持っていったのだが、結局カプースチンばかり弾いて終わってしまった。やはり他の曲はまだ譜読みを始めたばかりという段階で、時間貸しスタジオでその続きをするのは少々もったいないと感じてしまうのだ。次に本格的に何をやるかというのがはっきり決まっていないということもある。シューマンというつもりはあったのだが、食指を動かされるのは大曲ばかりで、とても終わりまで行けそうもないのだった。

一時期頑張ってかなりのところまでいった、アルベニスの「イベリア」の「エリターニャ」に再挑戦してみるか。はたまた、オタク路線でゴドフスキーの編曲ものを始める手もある。しかし、これらはあまりに難しくて、人前でうまく弾ける可能性がほぼゼロに近いのが問題だ。もっともそれを言ったら、どの曲だろうと一度として自分がうまく弾けたためしはないのだから、何をやっても同じという気もする。いったん始めたら当分はその曲にかかりきりになるだけに、ここが思案のしどころだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/109

コメントを投稿