« ワールドオープン終了 | メイン | イベリア »

問題の解答

先日の問題。黒に戻せる手はないから、最後に指したのは白で、それもb7-b8=Qかa7xXb8=Qのどちらかの可能性しかないことはすぐに分かる。正解は前者であるが、まずそれが実現可能であることを見てみよう。

Ceriani-LastMove2.pngPをb7に戻したとき、黒が戻せるのはc7のBだけである。しかしそのまま戻したのではチェックがかかってしまうから、c7にある白の駒を取ったはず。さらにその局面ではPもKも動けないから、戻し続けるにはその駒が動いた可能性しかなく、従ってSと決まる。このSがd5やe6から飛び込んできたことになる。

さて、ここから局面を完全にほどくためには、白のKをd8からどうしても脱出させなければならない。しかしe7とd6に黒のRがいる状況では、どうしてもそれができないということが、少し考えれば分かる。この形を打開するためには、d6のPをc7に戻し、e7のRを脱出させてしまうというのが、ただ一つの可能性である。しかしここでいきなりPc7xd6と戻すわけにはいかない。d8のBが出られなくなってしまうからである。従って、黒の2つのBをBc7-d8, Ba7-b8, Bb8-c7と退避させておくことが必要だ。2つ目のBが白のKの横を通過していく際に、チェックを防ぐためにもう1つ白の駒が生まれる(これがQかSかはおそらく判別できない)。そしてそれを動かした後、やっとPc7xXd6とPを戻すことができる。以降は黒のRを動かせるので、局面は完全にほどける。

Ceriani-LastMove2a.png以上をまとめると、例えば次のように戻すことになる。
-1. Pb7-b8=Q Bb8xSc7
-2. Sd5-c7 Bc7-d8+
-3. Se3-d5 Ba7-b8
-4. Sg4-e3 Bb8xSc7
-5. Sd5-c7 Pc7xQd6+
なお、残しておいたもう一つの可能性、すなわちPa7xXb8=Qという戻し方があり得ないのはすでにもう明らかだろう。a7を塞いでしまっては、黒の2つのBを退避させるスペースがなくなってしまうからである。

私が考えたのはこのあたりまでなのだが、黒と白のPの形はかなり特徴的で、よく考えればもう少し言えることがあるような気もする。黒PがBにアンダープロモートしたという情報も、本質的には使っていないのがちょっともったいない。何か分かることがあれば、ご教示いただければ幸いである。

なお、あとになってデータベースを見ていて気づいたのだが、この作品が最初に掲載されたのは1959年ではなく、左右反転した形がすでに1950年の "Die Schwalbe" にすでに出ていたらしい。なぜ反転して9年後にもう一度登場したのか、詳しいことは分からない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/120

コメント

残りの駒数に余裕があるので、お互いのPを戻すことにあまり強い制約がありませんね。
強いて言えば、c5のPはA列から来なかったことぐらいしか僕にはわかりません。

そうですね。何か情報が中途半端に余っている感じなんですよね。
詰将棋でもそうですが、名作や傑作というのは、
盤面から得られる情報をすべて使い切ると初めて解けるようになっていることが多いと思います。
その意味ではこの問題は、賞を取れるような作品ではないということかもしれません。

コメントを投稿