« 射撃前進月間 | メイン | 寝坊 »

Last 4 Moves?

Ceriani-LastMove3.pngCeriani先生の膨大な問題群の中から、簡単そうなのをまた1問。図の局面で、最後に指された4手は何か?ここでの4手は将棋流の数え方である。つまり白と黒、それぞれ2手分ずつ戻すということだ。まあ慣れた人にとっては一瞬だろう。

そういえば先日の詰将棋全国大会で、見事看寿賞を受賞した高坂さんから、日本人のレトロの第一人者、橋本哲さんの作品をいくつか紹介していただいた。11問もあったのだが、当然ながらどれも一筋縄ではいかない。頑張って最初の1問だけは何とか解いたが、期待に違わず素晴らしい作品だった。2問目からはできる気がしなくて、まだ手も着けていない。高坂さんは新幹線の中で5問解いたとおっしゃっていたが、さすがに大作家、読みの力が違う。多分、ここぞというときの集中力が月とすっぽんなのだろう。私も新幹線の中で詰将棋やプロブレムを考えることはよくあるのだが、すぐ舟をこいだり、隣のおやじの飲み出したチューハイの臭いが気になったりして、まともに解けたためしがないのだった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/145

コメント

え、難しくないですか?
土日にゆっくり考えるとします。

案外難しいですかね。
チェスのルールをよく思い出すことが肝要です。

降参です。
最初に5分読んだあと、全く読み筋が増えてません。何が盲点なんだろう・・・。

気づけば一発って問題なんで、逆に気づかないとどうしようもないというところはありますね。
黒1・白1・黒2・白2(=e5+)と指して問題図の局面になったわけですが、
白1の手はディスカバードダブルチェック(開両王手)になっています。
キーワードはアンパッサンです。

やっとわかりました。アンパッサンを考える筋がぜんぜん違ってましたね。
最初に5分読んで、ずーっとわからなくて・・・・・
今たった3分でわかりました。それが気づけば一発ってことなんですね。

お疲れ様でした。気づけばなーんだ、って感じでしょう?
この問題は、論証を積み重ねるというよりは、
この局面が可能な手順をただ思いつくという面が強いですよね。
その意味ではちょっと深みに欠けると言えるかもしれません。

コメントを投稿