« 授業評価アンケート | メイン | 高坂さんの将棋プルーフゲーム »

ポカの解説

今日の将棋NHK杯戦は解説が羽生三冠ということでいつもより注目して見ていたのだが、対局者の森下九段の調子が今ひとつだったようで、中盤の勝負所と最後の最後でポカが出て勝負がついてしまった。ギリギリの攻め合いを鋭く解説するという流れにならなかったのは残念。もっとも、ポカの瞬間の羽生三冠の反応は、それはそれでちょっと面白かったのでよしとしよう。
「桂を跳ねることができればいいんですけど、跳ねたら詰んじゃいますからね……(言っているそばから森下九段が桂を跳ねる)ええーっ!?だ、大丈夫でしょうか……」
もちろん大丈夫ではなく、その3手後に投了となってしまった。

今日も午後はピアノの練習などでのんびり過ごしてしまった。休日モードは今日で終わり、明日からはまた切り替えないといけない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/223

コメント

中盤の55銀のときに
「まさか・・・うっかりしたのでは・・・。」
もかなり面白かったですね。

そうそう(笑)。あと個人的には、感想戦のときの
森下九段「いやー、55銀をうっかりするなんて……」
中倉女流初段「羽生三冠も驚かれていました」
とか、
羽生三冠「素朴すぎて意外に……」
などという会話がおかしかった。
どううまくフォローしようとしてもきつくなってしまうという、ね。

コメントを投稿