« パーソナル検索エンジン | メイン | 中将棋のエンドゲーム »

ニポンニシ

現在、オランダはWijk aan Zeeというところで、大きなチェスの大会が行われている。毎年この時期に行われており、そのときそのときの最強プレイヤーが集結して熱戦を繰り広げる、伝統ある大会だ。

これを書いている現在もちょうど第4ラウンドが行われていて、盤面のライブ中継を観戦することができる。まあ私の頭では、当然ながら一つ一つの指し手にどういう意味があるかほとんど分からないのだが、それでも動いていく局面を眺めているのはなかなか心地よい。すでに勝負の着いた局面について、なぜそこで投了したのかを考えるというくらいが私にはちょうどよいようだ(それですら全く分からないことも珍しくないのだが)。

それにしても、チェスプレイヤーの名前はときどきどう発音すればいいのか分からないことがある。西欧出身の人物の名前ならまだ推測がつくのだが、チェスの強豪には東欧や旧ソ連の国々の人たちが多く、初めて見るような名前ばかりだ。分からなければ分からないなりに、近そうな発音でごまかしておこうと思うのだが、それすらできないこともある。例えば、今回の大会のCグループに出ている、Ian Nepomniachtchiという人。ネポンニアックッチとかネポムニャチュッキとかネポポタマスとか、もうどうやってもだめだ。仕方ないので、「おっ、ネポン☆%●#、現在トップか」といつもごまかしていたのだが、戎棋夷説によれば「ニポンニシ」が近いらしい。これは無理だ。絶対分からない。

もっとも向こうは向こうで、日本人の名前を見てきっと同じように感じるのだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/297

コメント

現在のトップはテシガワラ?ヒガシクニバル?ハツオンデキマセーン。
関係ありませんが、僕の友達でオオイノミカドってやつがいます。

Higashikokubaruは外国人には相当言いにくいだろうなあ。
Sonomammaの方が国際的には通りがよさそうです。

今書いてから気づいたけど、"Sono mamma." というのは
"I am Mom." って意味のイタリア語そのものですね。
やっぱりこちらの方がインターナショナルっぽいな。

コメントを投稿