« 会話型将棋プルーフゲーム募集 | メイン | 打ち上げ »

卒論発表

今日は卒論発表の日だった。4年生が一人10分程度、自分の研究について発表して教員からの質問を受けるのである。発表内容がどうであれ、学生さんが真面目に取り組んだという姿勢をちゃんと見せれば審査に落ちるようなことはまずないのだけれど、そうはいっても何かのトラブルが発生しないとも限らないから、こちらも気を抜けない。私の所属する講座の順番は朝一番で、私は同僚のHさんと二人で座長をすることになっていたから、絶対に遅れるわけにはいかなかった。ところがこんな日に限って、朝から豪雨である。この降り方も今ひとつ切れ味の悪い寒さも、どうも真冬のそれではない。揺り戻しはあろうが、季節が変わり始めていることは確かに感じられた。

大学に着いたら着いたで、発表予定時間の直前になって学生さんが最新のファイル発表用のノートPCにコピーしていなかったとあわてだしたり、発表会場に行ったら行ったでプロジェクタにPCの画面がなかなか出なかったり、発表が始まったら始まったでスペースバーを押しても次の画面に切り替わらずに学生が顔面蒼白になったり。もういちいちハラハラしてしかたがなかった。講座の学生全員が無事に発表を終えたときは心底ホッとした。

その後は他の講座の学生の発表をずっと拝聴する。夕方に全部終わって直後に判定会議をやって、自分の部屋に戻ってきたときはもうくたくただった。気がついたらしばらく椅子に座ったまま眠ってしまっていたようだ。生活スタイルが基本的に夜更かし型の人間が早起きして一日中活動していると、一段落してやれやれというときに襲ってくる強烈な睡魔から逃れるのは難しい。東京で学生をしていたころは、家からの1時間半の通学中にいつも電車の中で居眠りしていた。あの時間は、今にして思えばそれなりに意味があったような気がする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/324

コメントを投稿