« 無粋な風物詩 | メイン | 詰将棋の入力作業 »

夢のあとに

土曜日なのに珍しく早く目が覚めた。午後はピアノの練習など。まともに弾けるのが土日だけなので、いつになっても譜読みが進まない。「静かな夜に」はだいたい一通り目は通したが、シャコンヌは当分埒が明きそうにないので、もう少し気楽にできる曲としてフォーレ=ワイルドの「夢のあとに」を弾き始めた。これも昔一度やったはずなのだが、何だかすっかり忘れてしまっている。覚えているのは、曲の後半でかなりミスをしたということだけだ。とりあえずあのころのレベルに戻るためには、まだかなり時間がかかりそうである。

夕方から市街地に出ようと車を出したら、家の前の道路がいきなり大渋滞。今日がサンフレッチェ広島のホーム開幕戦だったことをすっかり忘れていた。サッカー場が目と鼻の先だから、試合があるときだけ異常に混雑するのだ。観戦するうえでは恵まれたところに住んでいるわけだから、一度見に行ってみようと思いつつ未だ果たせていない。少なくとも、今日のような悪天候の日は遠慮しておこう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/347

コメント

はじめまして。
最近You Tubeでマリアン・ペトレスクというピアニストの動画を見ました。

http://www.youtube.com/results?search_query=marian+petrescu
この中の「Caravan」のソロはクラシックピアノの観点から見た場合、どの程度の技巧レベルにあるのでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、お教えいただければ幸いです。

はじめまして。私は大してピアノのことが分かっているわけではなく、
とても技巧レベルが判断できるような器ではないですので
どうかあまりあてにしないでいただきたいのですが、
このピアニストの技巧は大変素晴らしいですね。見ていて爽快でした。
アート・テイタムもそうですが、ジャズピアニストにはクラシックピアニスト顔負けの
すごいテクニックを持った人がたくさんいるのですね。
マリアン・ペトレスク、覚えておきたいと思います。

natsuo様

 早速お答えいただき、有難うございます。

コメントを投稿