« ストレス診断 | メイン | 牡蠣の土手鍋 »

将棋プルーフゲーム新作登場

今日もやたらに寒い一日だった。雑用の合間を縫ってセミナー。これが今年度最後になるだろう。

例の会話型将棋プルーフゲームだが、かずひでさんのサイト、「あじゃ盤」で新作が発表された。実は私は、もう少しで解けそうでまだ解けていないのだが、傑作の予感がする。すでに解けた方からは絶賛されているようだ。何度も書いたように、将棋はチェスと比べて手の可能性がかなり広くなるため、単なる手順前後や成不成の非限定などは大目に見ないと、なかなかプルーフゲームを創るのは難しい。逆に言えば、もしこれくらいの条件だけで作意を完全に限定できていたとしたら、それだけでもう第一級ということになるのではないだろうか。腕に覚えのある方は、是非見に行ってほしいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/351

コメント

さっそく見に行ってきました。簡潔な条件で、美しい手順、素晴らしい作品と思います。これはまず完全作と言ってよいのではないでしょうか。これからもどんどんよい問題が生まれることを楽しみにしています(私のほうはあのあとさっぱりですが・・・)。

かずひでさんはその後もさらに作品を創っておられるようです。
また一人、才能のある人の発掘に成功しました。

コメントを投稿