« ピアノと長い指 | メイン | Habu in Bruxelles Rapid »

久しぶりの投稿

先月末の詰備会で大学コーナー担当のHiさんから投稿を勧められた作品を、昨日送っておいた。あまり見どころがなくて出来としてはよくない方だと自分では思っていたので、もしこれで大学に載せてもらえるのなら、この作品にとっては最も幸せな登場の仕方だと言えるだろう。ただその分、解答者から厳しい評価を受けそうなのが少々恐い。最近はみんな目が肥えてきて、容易なことでは感心してくれないのである。

言われてから投稿するまで少し時間がかかったのは、余詰の再検討をしていたためだ。実は詰備会の席上でこれを周りに見せたとき、九州からいらしていたHoさんから「この配置の方がよいのでは」と提案を受けた。微妙な修正だが、確かにその方が全体の据わりがよくなる。ただそのときは、「よく覚えていないが、きっと創作当時にその配置も考えてみたはずで、それでうまくいかなかったから今の形になったのだったと思う」とお返事をしてしまった。ところが帰ってよくよく調べてみると、Hoさんが指摘された配置でもちゃんと成立しているのである。作意に変化はなく、余詰も出ない。これなら明らかにこの配置の方がよいだろう。さすがに一流の詰将棋作家は鋭いなと感心するとともに、まだまだ自分は推敲が足りないと反省したのであった。

今回投稿するにあたっては、Hoさんの改良案を採用させていただいた。このブログを見ていらっしゃるかは分からないが、この場を借りてお礼を申し上げたい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/401

コメントを投稿