« 詰将棋全国大会 | メイン | ビスケットとマジック »

神戸を歩く&サロンコンサート

Kobe2.jpgKobe1.jpgお昼過ぎまでは身体が空いていたので、Kさん、Hさんと神戸の街をしばし回ることにする。Kさんは去年の看寿賞短編賞受賞者、Hさんは4年前の同賞受賞者ということで、一応前回までの短編賞トリオということになるわけだ(2年前は短編賞は該当者なしだった)。ホテルから港の方にぶらぶらと歩いていき、一周40分で神戸港周辺を巡るクルーズに乗船する。船内では「右手にご覧いただけますのは……」などとアナウンスが流れているのに、3人とも大して外を眺めずに詰将棋・プロブレム談義。この面子だとどこに行っても同じだろう。船を下りるともうお昼時だったので、元町の中華街へ。「どこに入るか、ここはやはり受賞回数の一番多いHさんが決めてください」「いやいや、やはり一番最近に受賞した人が旬でしょう。ここはKさんが」などと言い合いつつ、適当に店に入って昼食。それからまた徒歩で移動し、神戸駅近くの喫茶店でまたもう少しお話ししてから駅でお別れした。先日に引き続き、贅沢な三者会談であった。

Amadeus2.jpgAmadeus1.jpgお二人と別れたのと入れ違いで、駅で待ち合わせていたMさんと合流する。今回神戸に来たもう一つの目的は、Yさんのサロンコンサートの場所に連れて行ってもらうためだ。Mさんとは5月の演奏会のときに初めてお会いしたが、今回は神戸の地理に疎い私のために、音楽喫茶「アマデウス」への案内役を買って出てくれたのである。曲目は以下の通り:
グルダ:アリア
ベートーヴェン:幻想曲Op.77
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番(改訂版)Op.36
シューマン=ゴドフスキー:君は花のよう
シューマン=リスト:献呈
リスト=ホロヴィッツ:波を渡る聖パウロ
ショパン:ノクターン第8番Op.27-2
ローゼンブラット:パガニーニ変奏曲
Yさんとは6,7年前にアムランを囲む会でお会いしたとき以来だったが、ちっとも変わっていなかった。4年ほどパリで修行されてきたとのことで、鍛えられたテクニックはさすがの一言。内容としては最後のローゼンブラットが、演奏者がこの曲が好きであることがよく伝わってきて、一番充実していたように感じた。

観客には5月にお会いした加古川ピアノ同好会の面々が集まっていたので、Yさんを囲んで飲みましょうということになり、総勢10人で三宮のビアホールのようなところに移動する。7時半頃にお先に失礼させてもらうまでいろいろお話ししたが、これまたなかなか楽しい時間だった。昨日からのイベント続きで、少々バテ気味だったのを押して出たかいがあったというものだ。昨日は「大矢数」と問われて「馬鋸」と即答するようなマニアたちの輪の中におり、今日は指を3本突き出して "Three years old !" と叫べばホロヴィッツの物真似だと瞬時に分かるマニアたちとともにいる。自分が日を置かずしてその両方に溶け込んでいることが、何とも不思議でならない。

8時過ぎに新神戸を出る新幹線で広島へ帰る。岡山まで満席で立たされたり、広島駅で猛然とダッシュしながら在来線に乗り遅れてバスを30分待つ羽目になったり、さすがに今日はくたくただ。昨日、今日と、趣味の世界で勝手気ままに遊んだ2日間であった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/465

コメント

 神戸出身なのに知らないところが多いので我ながらあきれてしまいました。まだ県立美術館すら行ってないのですから(汗。
 三宮のビアホールは、あの地震でも生き残ったドイツ風のところですね。

あの店はそういう有名なところだったんですか。
何か入口になぜか黒人の人がいて、「イラシャイマセ、イラシャイマセ」と言っていました。

 アマデウスが元町より西寄りなので徒歩移動だと遠いですねえ。違うかもしれません。
 私も1回しか利用したことがないので名前すら知らなくて…。

ああでも、かなり歩かされましたよ。
今調べたら分かりました。多分「ニューミュンヘン 神戸大使館」というところです:
http://r.gnavi.co.jp/k015502/

 やっぱりここでした(笑。
 異人館のように雰囲気のある建物ですよね。

先日は、お忙しい中、コンサートにお越し下さいましてどうも有難うございました。久しぶりにお会いすることが出来、少しも変わられていませんでしたので、6年前にタイムスリップしたような感覚になりました。"Three years old !"は合言葉のようなものですね(笑
ブログ、将棋からピアノネタと幅広いですね、楽しく読ませて頂いています。次の再会を楽しみにしています!p.sほろきゅ~さんから、よろしくとの事です。

書き込みありがとうございます。
山口さんこそ、昔のままで全く変わっていませんでしたよ。
またお会いできるのを楽しみにしております。

コメントを投稿