« 実家に帰宅 | メイン | ヒキとの遭遇 »

真夏の演奏会

昨日更新できなかったのは、帰宅したのが深夜になったからである。灼熱地獄の中、上野の奏楽堂で行われた演奏会に行っていたのだ。プログラムを見てもらえば分かるが、午後1時半から午後8時までぶっ通しでピアノを弾くという、まさにピアノ好きが集まった催しである。かつてのピアノサークルの先輩や後輩が半分くらいで、終了後の打ち上げに誘われ、結局ついていくことになった。数年ぶりに話した人も多かったが、変わったなと思う人は一人もいなかった。外見や性格はおろか、選曲の嗜好や演奏の姿勢に至るまで、笑ってしまうほどに前のままの人たちばかり。何だか自分一人歳を重ねているのではないかという気分にさえなってしまった。学生のときとまるで変わらずに、ひたすらピアノを弾くことに情熱を傾けている人たちを目の当たりにして、弾くことの楽しさを改めて思い出したのであった。

今日は猛暑を避けて家にずっと逼塞。昨日の演奏会に刺激を受けて、夕方にしばし鍵盤に向かってみた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/489

コメント

凄いプログラムですね。ステージからも熱気が届いてきそうな・・・。
曲目を見るかぎり、相当な実力の方々なのでしょうか。

こういった演奏の機会があることは、アマチュアにとっては非常に励みになりますね。

はっきり言って、どの方も相当うまいです。曲に負けている人はほとんどいません。
私はもうどれくらいうまいかを分かっているからいいですけど、
初めて聴く人は、素人がこんなに見事に弾くものなのかとびっくりするんじゃないでしょうかねえ。

コメントを投稿