« 講演中のトラブル | メイン | 研究集会から演奏会へ »

CDをまとめ買い

研究集会終了後、渋谷の大型CD店に足を運んだ。学生のころはここに足繁く通ったものだが、広島に移った今となっては1年に1回行くかどうかという程度である。久しぶりだったのでじっくり見て回った。今日の戦利品は、スクリャービンのピアノ曲全集5枚組とヒナステラのピアノ協奏曲、それにHusum音楽祭の2005年および2006年のライブを収録したCD。Husum音楽祭というのは、ドイツのHusumという街で毎年レアなピアノ曲ばかりを弾くマニア垂涎の演奏会である。1989年収録のCDからずっと買いそろえていて、最近2年分がまだだったのだがこれでようやく追いついたことになる。スクリャービンの方は、本当は最近出たというMaria Lettbergというピアニストの録音を買いたかったのだが、残念ながら店頭になく、ずっと買いそびれていたPontiの全集を代わりに購入した。

それにしても、CDも初期のころに比べればずいぶん安くなったものだなと思う。今日買った5枚組のCDだって2,720円だし、シューマンのピアノ曲全集だったか、13枚組で3,000円くらいなんていうのもあった。私がCDというものを初めて買ったときは、国内版とはいえ、1枚が3,000円以上するものばかりだったように思う。まああと10年もすれば、CDも過去の遺物になっているのかもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/608

コメントを投稿