« CDをまとめ買い | メイン | 帰宅 »

研究集会から演奏会へ

研究集会最終日。午前中の講演が終わった後、数人でハンバーガー屋に行った。学生のときにはよく来ていたが、ここも訪れるのは数年ぶりである。全国展開しているチェーン店だが、実は大学の近くにあるこの店が第一号店だったのだそうだ。たまたま昨日がその開店15周年の記念日だったとかで、エコバッグを景品にもらってしまった。

ハンバーガーを食べながら、講演を終えたばかりのN君がしてくれた話がおかしかった。彼が学生のころにここで食べていたら、外に黒塗りのベンツらしき車が止まり、明らかにヤクザと思われる出で立ちの方が数人入ってきたのだそうだ。子分と思われる人がボスにメニューを聞いたら、ボスがすごみのある顔で、
「ピリ辛のヤツ」
と注文したという。因縁をつけられては大変だから素知らぬ顔をしていたが、「ピリ辛」のバーガーを注文するヤクザというギャップが面白く、笑いをこらえるのに必死だったとのこと。確かに、こちらも想像しただけで吹き出してしまった。考えてみると、そのままハンバーガー店のCMに使えるシーンではないかという気がする。

午後にも講演が2つ残っていたが、連日の聴講でもう消化不良になっていたこともあり、失礼させてもらって錦糸町のすみだトリフォニーホールに移動。今日はここで、先日広島まで来てくれたO君が出る演奏会が行われていたのである。彼とピアノサークルの後輩が数名出ていたのを除けばほとんどは知らない出演者だったが、演奏はバリエーションに富んでいて楽しめた。

ただ一つ閉口したことがあった。私とほぼ同時に会場に入ったおばさんが、最前列に陣取って演奏が終わるたびに「ブラボー!」と声を上げるのである。すべてにブラボーと言うのかと思ったら、ときどきは「頑張って!」になったり「最高!」になったりする。どうやらのど自慢の鐘と同じで、あまり気に入らなかったら「頑張って」、よいと思ったら「ブラボー」、すごくよいと思ったら「最高」ということらしいのだ。とにかくブラボーを言いたがる人というのは珍しくないが、この方のやることはさらにもう一段階上だった。どうもあちこちの演奏会にいらっしゃる名物の方らしい。拍手より先にまずそのおばさんの声が会場に響き渡るので、演奏者もちょっとやりにくそうにしていた。

だいたいの演奏を聴いてから会場を後にし、待ち合わせしてあった親と合流して夕飯をすませた。本当ならそのままさっさと帰宅するはずだったのだが、電車の中に荷物を置き忘れるという失態を演じてしまい、回収したという千葉駅まで取りに行く羽目になる。失われなかっただけましだが、どうも最近ぼうっとしていていけない。ともあれ、今日はあちこち動き回ってかなり疲れた。

明日は広島に帰る予定。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/609

コメント

私も演奏会に行ってきました。お会いできませんでしたね。
2時から3時までいましたが、その時間の会場はあまりにもシ~ンとしていて、演奏者はさぞ弾きにくいだろう、なんて思っていたくらいです。座ってる姿勢を変える音も立てられないくらいで。後からそのような女性がご来場されていたとは驚きました。私は、お客さんの「参加型賑やか系コンサート」が大好きです。でも「頑張って」「ブラボー」「最高!」の微妙さ加減は、ちょっと。。。
O氏と少しご挨拶できましたが、演奏は聴けなかったので大変残念でした。

私が来たときはちょうど「悪魔的暗示」が流れていたときでした。
私はO氏と一緒に後ろの方に座りましたが、
その次の演奏が終わったところでひらひらさんが大急ぎで出ていくのを見ましたよ。

ぶ、ぶらぼーオバサン。

引っ越しおばさんと


どっちが迷惑極まりないんでしょうか・・・。

引っ越しおばさんって、有名になったあの人ですか?
いや、さすがにあれに比べればブラボーおばさんの方がずっとましな気が……
別に演奏中に声を発しているわけでもないですし、
感想の表現の仕方がちょっと独特だというだけですから。
一方の引っ越しおばさんは、もし近くにいたら生活できませんからねえ。

コメントを投稿