« 久しぶりにジョギング | メイン | ヴァレンタインを折る »

Leonid Kubbel's Endgame Study No.33


本作は、Kubbel自身が1905年に創作した習作(「私の創作歴のまさにスタートとなった」と述べている)を改作したものである。この改作前の習作は、1938年に彼の "250 Selected Studies" の注釈に登場するまでは出版されることはなかった。というのも黒が3手目に3...Nc6と指すと、白は4.c8=R+でも4.Nd6でも勝てるという小さな瑕疵があったからである(下図参照)。KubbelはNをBに置き換えることによりこの部分の手順を一本化したうえで、...Nc6をメインラインにしたのだった。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/664

コメント

これはいい! かわいい小品。
名刺用エンドゲーム(笑)

駒数が少ないと洗練されて見えますね。

コメントを投稿