« チェスを指しピアノを弾く | メイン | 満開の桜 »

Leonid Kubbel's Endgame Study No.40


ずっと後の343番でも同じステイルメイトの形が登場する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/715

コメント

おひさしぶりです!

dxe1=Qの代わりにdxe1=Bとしたらどうするんでしょうか?
味方にSがあればそのままで引き分けになるんでしたっけ?

どうもお久しぶりです。音沙汰がないのでもう見に来ていないのかと思っていましたよ。

dxe1=Bだと理論上はドローですね。K対K+B+Nならば黒の勝ちですが、
K+B+Nによるメイトというのは隅っこに追い詰めるしかなく、勝ちとは言ってもテクニックを要します。
白にNがある場合は、相手のKにチェックをかけるなどして容易にそのメイト形を妨害できるので、
ヘルプメイトかよというくらいのまずい指し方をしない限り、追い込まれることはないでしょう。

コメントを投稿