« Leonid Kubbel's Endgame Study No.39 | メイン | 魔術館の一夜 »

おかしなトランプ

4月1日。また新しい年度が始まった。

CardAngel.jpgU.S.Playing Card社製のBicycleというトランプは、滑りがよくて手によくなじむとしてカードマジシャンの必携アイテムとなっている。自転車らしきものに乗っている天使の図柄は、テレビなどで見た方も多いだろう。最近はTally-Hoという別のブランドも人気が出てきているようだが、シェアとしてはやはりバイスクルが圧倒的であるように思う。

自分も何個か持っているのだが、先日何気なくカードを広げながら裏模様を見ていたら、ふとおかしなことに気づいた。カードの四隅には天使が印刷されていて、左上隅にいる天使は向かって右の方向に両手を向けているのだが、1枚だけ、両手を左側に向けているカードがあるのである(左手で持っているカードの上から4枚目)。そんなはずはないと思ったが、確かにそのカードの天使だけは他の同志とは逆の方向に両手があるのだった。

実はこうした印刷ミスはしばしば起きることで、カードの裏模様が中央からずれていたり全く印刷されていなかったりという事例は耳にしたことがある。今回のように天使の向きが逆というのも前例があるのだろう。よくコインや切手などでミスのあるものが見つかるとコレクターの間で大変な高値がつくことがあるが、このカードについてはあまり期待はできそうにない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/709

コメント

面白いものを見つけましたね。そういえば、私はトランプの裏をじっくり見つめたことはないです。

ひらひらさん、引っかかっちゃいけませんよ!(笑)
April Foolです。載せた写真をよく観察すれば、トリックが分かると思います。

カードの正体が分かるようにワザと刷ってある、という事はないのですか?
シロウト考えですが。

いや、このトランプは全く普通のトランプです。
もちろんそういう仕掛けのあるトランプも世の中にはたくさんありますが、
私が写真で持っているトランプは印刷がおかしいということはありません。どれも完全に同じです。
ましてや、印刷ミスなんていうのはもちろん嘘です。

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。
今日のエントリは、洒脱な短編ミステリを読んだようで、感動してしまいました。
思えば、不自然なくらいに、いつも同じ向きからしかカードを見たことがありませんでした。


それにしても、羽生さんのような綺麗な指をしていらっしゃいますね。

はじめまして、書き込みありがとうございます。こういうコメントをいただけると大変うれしいです。
このアイデア自体は、中学生か高校生くらいのときに読んだ泡坂妻夫氏の著作に出ていたもので、
エイプリルフールのネタにいいかもとふと思い出したのでした。

指がきれいというのは昔からなぜかよく言われるんです。以前も
http://monsieur.ddo.jp/blog/archives/2007/05/post_355.html
に書いたことがありました。しかしいくら指がきれいでも、悲しいことに
羽生さんのように将棋は指せないし、ショパンのようにピアノも弾けないんですよねえ。

え~!!!うっそ~!やられた。。。あとでゆっくりもう一度よ~く見ますんで(汗)。

ナッツーさん、、、今から変なことをまじめに書くかもしれません。
え~、例のカードだけ横向きになっていて、その横向きカードの角がバレないよう、綺麗な親指で隠し、横向きカードがあたかも縦向きに見えるよう、他のカードの下の部分だけ親指の下から見せている・・・という感じなのでしょうか。

私はこのデザインを見たことないですが、素敵ですねえ。

まさにその通りです。引っかけてしまってすみませんでした。

ほとんどのマジシャンはこのトランプを使っているので、
次にマジック番組を見るときは注目してみてください。

コメントを投稿