« 先手と後手の勝率差 | メイン | Leonid Kubbel's Endgame Study No.41 »

カメを折る

OrigamiTurtle2.jpgOrigamiTurtle1.jpgカメを折ってみた。作者はコンプレックス系折紙の第一人者、Robert J. Lang。紙は24cm四方の市販折紙用紙を使っている。Lang作品としては比較的簡単な部類に入ると思うが、それでもカメらしい造形を作り出しているのはさすがだ。実はもう一つ、さらにリアルなヴァージョンのカメの折り方も同じ本に収録されている。こちらは甲羅の模様から足の指まですべて折り出すという凄まじいもので、写真で見ると本物と見まがうようなできばえだ。これもできれば近いうちに挑戦してみたい。

先月頭にロブスターを折ってからもいくつかの作品にトライしていたのだが、途中で折図と違ってきてしまったり折図の指示が理解できなかったりで、ずっと失敗続きだった。何時間もかけて紙くずしかできなかったときは、徒労感ばかりがたまってしまってどうもいけない。早く完成させようと少しでも急ぐと折りが雑になって破綻するので、時間を十分かけてゆっくり進むことがやはり大切なようだ。

(折紙モデル:"Turtle", Robert J. Lang "Origami Design Secrets"(A K Peters Ltd.) 所収)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/720

コメント

これはエビやペガサスよりはいくらか簡単そうですね。
(いや裏側を見ないと分からないか)

しかし器用なものですねぇ。

そうですね、ステップとしてはかなり少ない方なので、比較的短時間でできました。
このところ失敗続きだったもので、とにかく一つ完成させるところまで持っていこうと、
やさしめのこれを選びました。次はもうちょっと難度の高いものを折ってみるつもりです。

私も子供達に教える機会があったので、日本から折り紙の本を持ってきています。動物は蛇・豚等あるのですが、全く動物感がないのです。抹茶色がとても上品です。ちなみに、本を持ってきても、結局折るのはツルか四角形?十二角形?(組み合わせてボールやさいころ)を作るくらいしか出来ません。きっと、私、器用さにかけているのかも。。次回作楽しみです!

パッとこのページを開けた瞬間、ふわ~っと視界が明るくなって、次には「春だなあ」と嬉しくなりました。
きっと手乗り亀の可愛らしさと若草色が飛び込んできたからでしょう。この作品もストックさせていただきますね。

> ゆりゆりさん

海外でコミュニケーションツールとして折紙は便利ですよね。
もっとも私が今折っているのは完成までに何時間もかかるので、
相手の目の前でやってみせるには無理がありますが……。

> ひらひらさん

季節感はある程度意識しているので、そう言っていただけると大変うれしいです。
これからは暖かくなって動物も昆虫も動き出しますから、いろいろ折りがいがありそうです。

おおっ、きれいな手だ!

恐縮です。

コメントを投稿