« 折紙&ブゾーニとヒナステラ | メイン | 共同セミナー »

再びチェスを指しピアノを弾く

今日は中国選手権で会ったIさんからまたチェスの相手をしてくださいと言われていたので、2週間前と同じ行動パターンを取ることにした。すなわち、3時にIさんと本屋で待ち合わせして隣の喫茶店でチェスの対局。夕方に別れると楽器店のスタジオでピアノの練習をするという段取りである。前回は対局前にあれこれ偉そうに説明したが、もう今日はすぐ指しましょうということになる。こちらが黒を持って2局指したのだが、1局目は適当にやっていたら何だか相当いい勝負になってしまい、最後は負けるんじゃないかという恐怖を払いのけながら指す羽目になってしまった。ギリギリ勝つには勝ったけど、いくら何でも情けなさ過ぎる。どうも自分は頭がチェスモードに切り替わるのに時間がかかるので、大会に行ったときなども初戦はとりわけひどい手を指してしまう傾向がある。2局目は頭が慣れてきたか、比較的順当に差を広げて勝つことができた。エンジンのかかり方の遅さ、これは今後の課題だ。

終了後、Iさんと別れてから予定通り楽器店のピアノスタジオへ。バッハ=リストの「前奏曲とフーガ」とスクリャービン。ガンガンやっていたら汗が噴き出してきて、着てきたジャケットとセーターをしばらく脱いでいなければならなかった。1時間弾いてすっきりしたところで、そのへんで夕飯をすませて帰途に就いた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/726

コメント

スタジオピアノ、いいですね。私も近所にあったら行きたいところ。電子ピアノも鍵盤のカチカチいう音が気になって、冷めてしまいます。パソコンみたいで。木のぬくもりがあるからこそ、感情表現できるようなもの。でも、マンションのご近所さんもあるし、ボリューム小さくしてこっそり弾けるだけでもいいのかな。私の唯一の気分転換です。

基本的には私も電子ピアノで練習するしかありませんが、
ときどきは本物のピアノにもさわって感覚を忘れないようにしておかないと、
いざ人前で弾こうとしてタッチの違いに戸惑うことになりかねませんからね。
でも単に譜読みするだけなら、夜でもこっそり弾ける電子ピアノはやっぱり便利ですけどね。

はじめまして。4月に広島に引っ越してきました。このブログのおかげで、CD売り場もすぐ見つけられるし、グランドピアノが弾けるところもすぐ見つかり、とても役立っています。貴重な情報ありがとうございます。

はじめまして、書き込みありがとうございます。
このブログがそんな形で広島にいらした方のお役に立てるとは
思ってもみなかったので、ちょっとびっくりしております。
私も広島に来て丸4年、最初はどこに何があるのか分からないことだらけ
でしたが、少しずつ頭の中に地図ができつつあるところです。
グランドピアノが弾けるところは、私が把握しているのは浜松ピアノ、ヤマハ、木定楽器店の三カ所です。
もし新しい場所を開拓されたら、今度は私に是非ご教示ください。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿