« 昨日の名人戦 | メイン | 胃カメラを飲む »

甲羅模様つきのカメを折る

OrigamiPondTurtle2.jpgOrigamiPondTurtle1.jpg今日はカメを折ってみた。といっても以前のものとは違い、甲羅の模様まで折り出す上位ヴァージョンである。紙は35cm四方の市販折紙用紙。当然一日でできるはずはなく、だいぶ前から少しずつ折り進めていて、ようやく今日完成したものだ。作者はもちろんRobert J. Langで、彼一流の折紙設計技術は本作でも遺憾なく発揮されている。メインパートともいえる甲羅模様の折り出しはそれらしくできたのだが、手足の指の細かい表現はどうもうまくいかなかった。紙の裏の白が見えてしまっているので、表裏同色の紙を使った方がよかったかもしれない。リアルなカメに近づける最終調整も、紙が硬くなってしまっていてほとんどできなかった。まあカメに見えればそれでよしとしよう。

OrigamiTurtleFamily2.jpgOrigamiTurtleFamily1.jpg先月折ったカメも出してきて並べてみた。今回のものははるかに複雑で、同じ大きさの紙で折れば折り上がりは小さくなったはずだが、だいぶ大きな紙を使ったせいで結果的には一回り大きいサイズになっている。こうして並べるとカメの親子のようだ。親ガメと子ガメがいると重ねてみたくなるのはなぜだろう?多分私だけではないはずだ。

(折紙モデル:"Western Pond Turtle", Robert J. Lang "Origami Design Secrets"(A K Peters Ltd.) 所収)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/746

コメント

拡大写真のほうでは、ごつごつした感じがよく出ていて、すごい迫力ですね。「子ガメ」とは貫禄が違います!
このように複雑なモノをスキなく作ろうと思うと、あらかじめ紙に折線を作図したくなってしまいそうですが、定規やコンパスは…使わないんですよね。

鋭いですねえ。このカメを折るには、最初に紙の上辺を39等分、下辺を78等分する必要があります。
それを折りだけでちゃんと実現できるのですが、計って目盛りを打っても構わないと作者は述べています。
せっかくだから折りだけでやろうと思っていたのですが、そうすると正確さが失われそうだったので、
今回は結局、定規の助けも借りてしまいました。

ほほ~紙で甲羅が表現できるんですね。
根気のいる地道で緻密な作業なのですね。

そうですね、根気は必要ですね。
逆に言えば、根気さえあれば何とかなります。

コメントを投稿