« 胃カメラを飲む | メイン | アムランの新盤 »

水もしたたる

扁桃炎と熱はすっかり治まったのに、今日は鼻水という別の敵がやってきた。子供のときから風邪をひくたびに悩まされてきたが、鼻水がとめどもなく出てきてどうしようもない。今日はひたすら耐えるしかないなと覚悟した。

3週間ぶりの非常勤講師の日だったので、午後からH大に移動する。勤務先の大学を出るときにはまだ薄曇りという程度だったのに、山陽自動車道を走っている最中にバラバラと大粒の雨が窓ガラスを打ち始め、H大の駐車場でエンジンを切るのと同時に雷鳴が轟き始めた。何ともタイミングの悪いことに、車から建物内に避難するわずかの間に最も風雨が激しくなり、折りたたみ傘を差していたのにびしょ濡れである。それで講師の控室に飛び込んで窓の外を見たら、道行く学生が傘をたたんで平然と歩いているのだから、自分の運の悪さを嘆きたくもなろうというものだ。あの手この手で、人が完全に復調するのを少しでも遅らせようと天が画策しているのではないかと思いたくなる。講義の方も始終鼻水がしたたり落ちそうになるのでつらいことこのうえなく、ずっとすすり上げていたら今度は頭がつんとする状態になってきて、これまたしゃべり続けるのがしんどかった。

夕飯はまた学生時代の同期で今はH大に勤めるT君と。鼻水のせいであまり落ち着いて話ができなかったが、旧友とあれこれ話すのは気分がリフレッシュされてやはりよいものだ。9時半頃帰宅。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/748

コメントを投稿