« 爪楊枝と職が消えた話 | メイン | 近代将棋六月号 »

公休願い

勤務先の居室にいると、お昼頃に卓球部の学生が訪ねてきた。曰く、「卓球の大会に出場が決まっているので、公休願を書いてください」。聞けば今週末にある卓球の中国大会に出ることになっているが、ちょうどそのときにある授業で試験をやるそうで、大会があるから欠席させてほしいと先生に申し出たところ、では卓球部の顧問に公休願いを書いてもらってくるようにと言われたのだそうだ。そう、私はなぜか卓球部の顧問になっているのだった。大学の場合こういうのは名前だけで、1年に一回、予算関係の書類にハンコを押すことしか仕事がないのが普通なのだが、こんなこともやらされることがあるのだ。これこれこういう大会に出るのでご配慮をお願いします、と一筆書けばいいらしいので、明日までに書いておくと返事をした。

午後はH大に移動して非常勤講師の4回目。ちょっとまた体調を若干崩していてちゃんとできるか少し心配だったが、案外無難にこなせた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/753

コメントを投稿