« 公休願い | メイン | Leonid Kubbel's Endgame Study No.46 »

近代将棋六月号

帰りに近くの本屋に寄り道して、近代将棋の6月号を買ってきた。将棋世界とともに毎号買い続けてきたが、ついにこの6月号をもって休刊となる。幾多の名作詰将棋が発表され、詰将棋の世界が発展していくうえで詰将棋パラダイスとともになくてはならない存在だったと言っていいだろう。最近は柳田氏による詰将棋黙示録の連載記事が充実していたし、前号からは石杉遼氏による推理将棋の連載も始まり、詰将棋ファンにとっては楽しみなページが増えてきたところだっただけに、この発刊休止はますます残念でならない。

「今の将棋界は斜陽産業」とは、一昨年新人王になった糸谷四段が表彰式の挨拶で述べた言葉である。確かに目新しくて人目を引く娯楽が次々に生まれる今の世の中、将棋のような古式然としたゲームが人気を維持するのは難しいことかもしれない。しかしその一方で、今行われている名人戦の中継がネット上でそれなりに盛り上がっている状況を見ると、将棋というゲーム自体はまだまだそこらへんの娯楽をよせつけない普遍的な魅力を持っていると思う。今後何かのきっかけで日がまた登り始めることを期待してやまない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/754

コメントを投稿