« Wさんと対談 | メイン | 非常勤講師五回目 »

映像のテスト

少し前から、このブログで映像を流すことが可能かどうか考えていた。もちろん動画投稿サイトへのリンクを埋め込むことはできるのだが、そうではなく、映像ファイルを自宅サーバに置いて、見る人がストレスなく視聴できるかということである。古いノートPCをサーバに流用しているのだが、こういうコンテンツがあるとどれくらい負荷がかかるのかよく分からないのだ。試しにファイルを置いてみるので、もし見られない、あるいは映像や音声に何らかの問題があるという方は、コメント欄などでその旨お知らせいただければと思う(Adobe Flash Playerがインストールされていないと多分見えない)。映像は、昨日自宅で撮っておいたスクリャービンの前奏曲Op.16-1。

このファイルを再生するためにはAdobe Flash Playerをインストールする必要があります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/759

コメント

数回観てみましたが、15秒くらいで全データがダウンロードされ快適に試聴できる時と、なかなかデータが流れてこずに、つっかえつっかえで、まともに再生できない時がありました。
問題はどれくらいの同時アクセス数に耐えられるかでしょうね。ログを見てみれば、かなり分かると思います。

そうですね。まあこんな場末のブログなら、
同時アクセス数も大したことがないだろうという読みなんですけどね。

いや、お見事です。
特に問題はなさそうですが。

ありがとうございます。アクセス状況やネットの状態などで多少渋滞する可能性はありますが、
とりあえず視聴することは可能なようですね。

譜面台にムッシュの顔がうっすら映っているようないなや、画像の関係で丁度いい具合にモザイクがぁ~。。切り版きりました081000だったかと思います。自己申告。

電子ピアノの譜面台は木製なので、元々そんなにはっきりとは反射しません。
せいぜい影が映る程度です。ですので映像の関係で見えないわけではないと思いますよ。

ともあれ、フランスからも視聴できることが分かりました。

東京でも観れております。電子ピアノなのに響きが綺麗ですよね。
いつも思うのですが、ナッツー氏の録音技術は凄いと思います。

例えば、電子ピアノを演奏してそれを高音質で録画する時、どのような環境の工夫をされているのでしょうか。
この録画の時点ではビデオと電子ピアノは接続されていないですよね?それがどうしてパソコンでこんなに綺麗に・・・??

いや、特別なことは何もしていないんですよ。
これは4年くらい前に買ったデジカメで撮影したものです。
録音のときには楽器収音用のマイクを使っていますが、今回はデジカメが拾った音そのままですね。
ただ、電子ピアノが発する音にはかなりリバーブをかけて、ホールで弾いているような感じにしてあります。
それで擬似的にいい音のように聞こえるのかもしれません。

映像はデジカメの記録メディアにmpgファイルで記録されます。
これをパソコンに持っていき、映像編集ソフトで演奏部分だけをトリミングしたうえで
flvファイルに変換しました。作業としてはこれだけですね。

高音部とても素敵ですね。音質確認しました@フランス。音質パッフェ~。

コメントを投稿