« いてっ! | メイン | 88歳 »

Leonid Kubbel's Endgame Study No.58


本作は1908年4月にLa Stratégieにおいて引用されていたものである。元々はRigaer Tageblattに掲載されたようだが、いつだったのかはっきりしない。Pが一歩進むか二歩進むかによってどちらがツークツワンクに陥るかが決まるというのはエンドゲームスタディの頻出テーマだが、本作ではそれが非常にシンプルな形で取り上げられている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/840

コメントを投稿