« ルネ・マグリットの絵を見て (2) | メイン | 雨の日のシチュー »

詰陽会に行く

尾道で行われた詰将棋の会合「詰陽会」に行ってきた。いつもは岡山で半年に一回「詰備会」という集まりがあってそれに出かけているのだが、今回は幹事の都合によりお休み。そこでかつて尾道に住んでおられたことがあるTさんが一肌脱ぎ、臨時的に尾道での会合が行われることになったのである。岡山まではいつも新幹線を使っていたが、今回は広島から近いこともあって車で向かった。約100キロの道のりである。尾道の街はもうすでに何度か訪れたことがあり、街中に入ってからも迷うようなことはなかった。駐車場を探してしばらくぐるぐる回った後、結局駅前の市営駐車場に止めた。

今回の会場は尾道商業会議所記念館というところ。明治時代の会議所を復元したというところで、いつもとはずいぶん違う場所での会合となった。集まったのは7人だが、九州からIさんもいらしていた。詰将棋の検討というよりは雑談が中心でゆったりとした時間を過ごし、5時に終了。近くの店で2次会をし、7時頃にはお別れして帰路に就いた。

Cats_in_Onomichi2.jpgCats_in_Onomichi1.jpg会合の最中、お茶を買いに外に出た。会場の記念館の隣は小さな広場になっており、そこに面して有名人の足形のレリーフがいくつか並んで設置されている。そのうちの一つのそばで、猫が2匹じゃれ合っていた。小春日和の日差しを浴びて何とも気持ちがよさそうだ。ふと後ろの足形の主は誰かなと目をやったら、何と「江戸家小猫」。たくさんあるレリーフの中でこれを選ぶとは……。類は友を呼ぶ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/921

コメント

しまった。
NATSUOさんにはやはり、3次会に来て頂いて、Dさんが今日受験した
K大入試模試の数学の問題を、スラスラッと解いて貰うんだった。

いやいや、きっとまるで解けずに頭を抱えてD君に苦笑されるのがオチですよ(笑)。

どうも今日はありがとうございました。

コメントを投稿