« 加法定理の覚え方 | メイン | ゴドフスキーの「ジャワ組曲」 »

金星と木星

一昨日ピークを迎えていた鼻水はほぼ収まったが、ズルズルやっていたせいで耳の状態が少しおかしくなってしまった。つばを飲み込んでもゴクッという音がしないのである。夜になって左耳は復活したが、完全回復にはもう一日かかりそうだ。痰も少しからむので、今日はずっと家でおとなしくしていることにする。発注してあったマジックのDVDが午後に届いたのでそれを見たりしていた。使えそうなネタもあるが、それなりに練習が必要そうだ。

夕方、買い物をしに近くのスーパーまで出かける。外に出ると、西の空に明るい星が2つ。異常なほど明るいのが宵の明星こと金星で、その少し上に木星が輝いている。かつて天体観測に熱中していた頃は、金星がいつ東方最大離角を迎えるかとか、木星が逆行する期間はいつからいつまでとか、そういう観測に役立つデータを逐一そらんじていたものだ。そういう情報を追いかけなくなってしまって久しいが、それでも昔取った杵柄、今でも夜空を眺めれば星座はすぐに分かるし、惑星も明るさや色からだいたい識別することができる。あのころのように望遠鏡をのぞき込んだり写真を撮ったりで夜を明かすことはもうないかもしれないけれども、そのときの経験は今でも自分にとっては貴重な財産となっている。

明日あたりから西の空に細い月が現れ始めるようだ。晴れてさえいれば、おそらく明後日は月と金星と木星が相当近い位置に並ぶ美しい光景が見られるだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/927

コメント

「月と金星と木星が相当近い位置に並ぶ」となれば、「明後日」のその時間にそちらで生まれた女の子は、気立ての良い美人に育つはずです。

多分月が一番両惑星に近づくのは沈んだ後だと思うので、その占いが正しいなら
明明後日に日付が変わってから生まれた子が一番美しくなれるかもしれません。

私の田舎では、木星と金星がひときわ輝いています。
時節柄もありますし、まだまだ空気はきれいだからでしょうか。

これが東京ではどうなのでしょう?
今日は、詰工房。
果たして、二つの星はどの程度輝いているか??

東京の空の状態はひどいですからねえ……でも晴れていれば金星と木星は見えそうですね。

コメントを投稿