« ゴドフスキーの「ジャワ組曲」 | メイン | Leonid Kubbel's Endgame Study No.70 »

クレマのあるエスプレッソ

今日からいよいよ12月。今年もあっという間に過ぎてしまった。今日から京都で大きな研究集会があり、様子を見に行くことも考えていたのだが、あまりにホテルが空いていなかったので結局やめてしまった。普通のビジネスホテルがことごとく満室だったのである。まだ紅葉シーズンにかかっているからだろうが、全くこの時期の京都は異常だ。

先日、エスプレッソマシーンを持ち出した話を書いた。あれからしばらく、お昼を食べて食堂から帰ってきては自室でいろいろ試していたのだが、やはりどうもうまくクレマが出ない。やっぱりマシーンがもう悪いのだろうかと思っていたとき、やっと原因に気づいた。簡単なことだ。豆の挽き方が悪いのである。目で見ても分からないが、エスプレッソマシーンに使うには粗すぎて内部の圧力が上がらないに違いない。そこで昨日、街中のスタバでエスプレッソローストの豆を少量細かく挽いてもらってきたのである。

Espresso.jpgそして今日のお昼に、昨日買ってきた粉でやってみた結果がこれ。何のことはない、簡単に濃厚なクレマが出てきた。抽出時間も今までとはまるで違う。やっぱり今まで使っていた粉は挽き方が粗すぎたのだ。味もスタバで飲む味とそれほど遜色ない。これであとは詰める粉量やタンピングの力の強さなどを加減すれば、さらにおいしいエスプレッソが飲めるだろう。一度挽いてしまった豆は急速に酸化して風味を失うので、今後も昨日のように少量ずつ挽いてもらうのがよさそうである。しかし、何でこんな簡単なことに今まで気づかなかったのかとあきれるばかり。まあ豆の挽き方の差でこれだけ結果が違うことが分かっていい勉強になった。これで昼下がりのひとときが少しだけ楽しみになりそうだ。

夕方から会議一件。2時間以上かかり、少し疲れて帰宅。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/929

コメント

食後に一杯、エスプレッソに慣れると、やみつきになってしまいます。カップはエスプレッソ用でしょうか?日本でも手に入るんですか?よくフランスのカフェだとシナモンクッキーやチョコがついてきますよね。これがまた、癒されると言うか。

このdemitasseはだいぶ前に買ったものですが、日本でも普通に売っています。
チョコレートはエスプレッソの苦みと調和して合いますね。私も昨日食べました。

コクがあっておいしそうですね。
エスプレッソって他のコーヒー
より苦味あるみたいですが。  

クレマもいいですが
ウインナーコーヒー
カプチーノにして飲んでみたい。
ホイップクリームにシナモン
上に乗せてもおいしそうですよね。
クッキー、チョコレート
ティラミスとともに
味わいたいですね。
砂糖、シロップ入りで味わいたいですね。
 

勤務先の研究室なのであまり凝ったことはできないんです。
ウィンナーコーヒーやカプチーノはもちろんそれはそれでおいしいですけど、
エスプレッソは余計なものをそぎ落とした、コーヒーの純なおいしさが味わえると思います。

コメントを投稿