« 自宅でゆっくり | メイン | 頂上決戦の前哨戦 »

演奏撮影失敗

日曜日のため、マンションの修繕工事も今日はお休み。窓から見える足場はちょっと無粋だが、気兼ねなくカーテンを開けられるし、うるさいドリルの音も聞こえてこない。せっかくの静寂な時間を有効利用しようと、ピアノ演奏を録ろうと思い立つ。以前、演奏を撮影してブログに載せたことがあったが、あれをまたちょっとやってみようというわけである。早速カメラをセットした。

ところが、弾き始めて早々のところですぐミスをする。何度かやっていればそのうちうまくいくだろうと思っていたが、いくら弾き直しても必ずどこかで指がもつれてしまう。いったんこうなってしまうと、焦りばかりが先に立ってたいていはうまくいかないものだ。たまに危険な箇所を無難にクリアしても、「ここまでのところOKだ、これで終わりまでいければ……」などという邪念をすぐ思い浮かべてしまうので、次の瞬間には必ず何でもないところで大きく間違えてすべてやり直しである。演奏中は何も考えない方がいいのだが、この「何も考えない」ということほど難しいことはない。弾きながら集中しろと自分に言い聞かせたりしている時点で、すでに集中力が拡散してしまっているのだ。しまいには特定の箇所ばかり意識しすぎて何でもない単音の部分でもミスしたりするようになり、とうとうあきらめてしまった。土日の午後は貴重な時間なので、成果が得られないのなら浪費したくはない。

しかし弾き直しが利くレコーディングでこの調子では、演奏会でまともに演奏できないのも当然である。やはり技術的にも精神的にも鍛錬が足りないようだ。曲もちょっと自分には長すぎたかもしれない。まあ時間があればそのうち再挑戦するとしよう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/940

コメントを投稿