« 楽譜到来&年末清掃 | メイン | 小さな忘年会 »

トンネルだらけの山陽新幹線

2時半過ぎの新幹線で広島を発った。こんな時期だからさぞかし混雑しているのではと思っていたのだが、案に相違してずいぶん空いている。駅に停車するごとに乗り降りがあるものの、とうとう最後まで隣には誰も座らなかった。多分混んでいるのは下りなのだろう。

車内ではチェスの本を眺めたりしていたのだが、広島から新神戸あたりまでは全行程がトンネルだらけで、出たり入ったりするたびにかなり揺れる。どうもあれは文字を追いかけるのに甚だよくない。無理に我慢して読んでいるとめまいがしてくるので、ときどき小休止を入れなければいけなくなってしまうのである。何でも東海道新幹線のトンネル数は66なのに対し、山陽新幹線は142もあるのだそうで、いかに中国地方が山だらけかよく分かろうというものだ。新神戸を過ぎるころまではあまり目を使わないことにしていた方がよさそうである。

実家には7時過ぎに着いた。実は数日前に印刷した年賀状にまだ一筆書き加えていない。明日は数学科の同期OBで忘年会をやることになったので、出かける前になるべく書いてしまおう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/954

コメントを投稿