« 忙しい時期 | メイン | サーバ構築作業とピアノの練習 »

寒い一日

今日はゆっくり寝ていられる。心ゆくまで惰眠を貪ってやるんだ、と思い定めて昨夜は床に就いたが、朝におじさんのゆっくりした低い声が聞こえてきて起こされた。マンション全体に流れる館内放送である。
「……(ガチャガチャ)……か、管理センターより、お知らせいたします。本日、予定しておりました、ゴミ袋プレゼントのキャンペーンは、雪のため、来月に、延期いたします……」
どういうことかというと、うちのマンションでは古新聞や段ボールなどの資源ゴミは元々木曜日の収集だった。市のゴミ収集車は今も木曜日に来るのだが、それとは別にマンションがゴミ収集業者と契約を交わし、土曜日に有価資源ゴミを回収してもらうことになった。わずかとはいえ持って行ってもらった分だけ収入がマンションに入るので、管理人としてはなるべく土曜日に資源ゴミを出してもらいたい。しかしまだ木曜日に出す人が結構いるので、今日資源ゴミを出した人にはゴミ捨て場に待機していた担当者がゴミ袋をプレゼントするというキャンペーンを張ったわけである。それが雪で延期になったということだった。さぞ激しく降っているのだろうと想像できたが、真っ白な光景を見たら目が覚めてしまいそうだ。今日はとにかく十分寝るんだと決めていたので、もう一度布団を引っ張り上げて中に潜り込んだ。

お昼も近づいたところでようやく冬眠からさめた熊のように動き出す。窓の外を見ると確かにあたりはだいぶ白くなっているようだった(修繕工事中で建物がシートに覆われているため、はっきりとは見えない)が、すでに日射しがあって路面の雪はあらかた消えているようだった。「囲碁・将棋ジャーナル」を見たりしてしばらくはのんびり過ごす。今日は用事があって3時過ぎに外に出たのだが、空気があまりに冷たいのにびっくりした。0度をちょっと超えたくらいだろう。日中でもこんなに寒いのなら、なるほど雪も降ろうというものだ。

6時頃帰宅し、肉じゃがをつくる。懸案だった冷蔵庫野菜の未消化問題がようやく解決された。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/978

コメントを投稿