« Leonid Kubbel's Endgame Study No.78 | メイン | 二つの残念なニュース »

豆まきと恵方巻

今日のメニューは午前に修論発表の練習会、午後はH大よりI先生が来ていつもの3人でセミナー。最近はそれぞれが忙しくて、セミナーの時間をつくるのも一苦労だ。来週はあまりにいろいろあって無理なので、次回は2週間後になるだろう。

帰宅前に自宅近くのスーパーに立ち寄る。今日は2月3日ということで、店内では「鬼は外、福は内、パラパラパラパラ豆の音」という童謡がエンドレスにかかっていた。それに負けず劣らず目立っていたのが恵方巻の看板だ。時間が遅くて残っているのは少なかったが、寿司らしきものがパック詰めされていくつか並べられていた。

年をとるにつれ、自分が子供の頃とは世の中が少しずつ変わっていくことを実感する機会が何かにつけ増えるが、その一つが節分の日である。私にとって2月3日は豆をまいて鬼を追い払うという風習がある日であり、それ以上の何物でもなかった。だからいつ頃からか、特定の方角を向いて何も言わずに寿司を丸かじりする日だと聞かされたときには、なぜそんなシュールなことをしなければいけないのかと思いばかり先に立ったものである。実際、その違和感は今も変わっていない。コンビニ業界が仕掛けた販売戦略、いずれ下火になるだろうと思っていたのだが、下火どころか節分の風習としてかなり認知されてきているように見える。

まあこの手の風習というのは客観的に見ればどれもシュールなもので、豆まきだって何でそんなことをするのかと言われれば困ってしまう。結局、「そうすることになっている」というだけのことだ。子供のときからテレビで見たり保育園の行事で豆まきをしたりして育ったからこそ、私はそれを自然なこととして受け入れているのである。だから同じように恵方巻発祥の地とされる関西の人が寿司を丸かじりするのは、何もおかしいとは思わない。きっとその人にとっては「そうするもんや」からだ。ただここ数年でその風習を知った人が、スーパーの看板に「今年の方角は東北東です!」などともう恵方巻を常識的行事としているかのような文句が書かれていることを違和感なく受け入れているのは、私にはちょっと不思議なことなのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/987

コメント

豆をまいたり、食べたりしませんでしたが、いただいた手巻き寿司を食べました。方角は特に気にせず^^

キュウリ、ニンジン、大根?、マグロ、かに風味のやつ・・・などが入っていてとても美味しかったです。

名古屋出身ですが、恵方巻という風習は全く知りませんでした。そういえば今日は手巻き寿司をスーパーで沢山見かけました。豆まきは縁起がいいのでちゃんとやりました。

> hitsujyunさん

そうか、単においしい手巻き寿司を食べる日として考えればいいのかもしれませんね。
「特定の方角を向いて」「黙々と一気に」というのが、何かよく分からなくて戸惑うんですよねえ。

> ひらひらさん

豆まきをちゃんとやったんですか、それは素晴らしい。
恵方巻キャンペーンをコンビニが全国展開させるようになったのは1998年からだと聞いています。
何ともうまくやったものです。

コメントを投稿