« フランドルの呪画 | メイン | ペガサスをもう一度折る »

ピアノの練習

夕方からピアノを弾きに出かけた。演奏会はこの月末。なのにほとんど練習できていない。もうほとんど棄権した方がいいくらいのレベルだが、前回は出演していないから今回も休むというのも気が引ける。かくしてまたもや泥縄モードである。

5時から浜松ピアノ社のピアノスタジオを予約してあった。演奏会直前の時期は、いつも一度はここで練習することにしている。何しろフルコンのスタインウェイが弾けるのだ。普段はいつも電子ピアノばかりなので、たまにはこういうところに来て矯正しないとタッチの感覚がどんどん狂ってきてしまう。それに現在練習しているスクリャービンの曲は、電子ピアノで弾くといつもある箇所で困ったことが起きる。その部分で右手を素早く移動させようとするとき、指がしばしば音色のボタンに触れてしまうのだ。突然ヴィブラフォンの音に変わってびっくりしたことがこれまで何度あったことか。本物のピアノなら少なくともヴィブラフォンに化けたりはしない。

1時間ほど頑張って練習してみたが、やはりかなりまずい状態だ。忙しくて全然練習できなかったから無理もないが、人様にお聴かせするようなところまでまるで行っていない。この分だとまた恥をかきに行くだけになりそうである。まあよい、ピアノで恥をかくことだけは慣れている。最近はチェスで恥をかくことも増えてきたが、早くこのピアノの境地に達したいものだ。

夕飯をすませたあと、喫茶店で頼まれている楽譜校訂の仕事を少し進める。8時半頃帰宅。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/1085

コメントを投稿