« Leonid Kubbel's Endgame Study No.109 | メイン | 実家に移動 »

裏匹見峡へ、その後ピアノの練習

今日は紅葉見物に遠出をしてきた。行き先は島根県は匹見町にある裏匹見峡。匹見町は2ヶ月前にも訪れており、そのときは表匹見峡を探索したのだが、峡谷の景観は裏匹見峡の方がより雄大ということだったので、いつかまた行ってみようと思っていた。ちょうど同僚で登山仲間のI先生から、そろそろまたどこか行きませんかと言われていたし、これからの土日は予定だらけでもう紅葉が終わってしまいそうだったから、今日決行することにしたのである。

前回はT君を助手席に乗せていったが、今回はI先生の車にこちらが乗せてもらって出発。中国山地に囲まれた匹見町に行くには、中国自動車道の戸河内ICから国道191号を経由して行くルートと、吉和ICから国道488号を通っていくルートがある。前回は前者のルートで行ったのだが、今回は一度吉和ルートを通ってみようということになった。しかし、この選択はあまりよくなかったようだ。国道488号という道路は、「酷道488号」と書かれたりするほどのひどい道なのである。道幅は普通車1台がどうにか通れるほどしかなく、ほとんどの区間ではガードレールもなくて片側が断崖絶壁になっている。おまけに道の両側は落ち葉で埋まっていて、どこまで入っていいのか分からない。こういう状態だから向こうから車が1台やってきただけで、どう行き違うのかが大問題になる。これが激しくカーブとアップダウンを繰り返しながら延々と25kmも続くのである。朝が早くてほとんど対向車に出くわさずにすんだのは幸運だったが、この道はもう通らなくていいだろう。少々遠回りでも、匹見にはやはり国道191号ルートで行った方がよさそうだ。

UraHikimi3.jpgUraHikimi2.jpgUraHikimi1.jpg何とか9時過ぎには目的地の匹見峡レストパークに到着。ここから峡谷沿いに4キロほどの遊歩道が整備されており、ときどきかかっている橋を渡りながら川のそばを歩いていくことができる。せせらぎを聴きながらてくてく歩くのは心地よい。ただ遊歩道は先ほどの「酷道」に負けず劣らずなかなかワイルドで、ところどころ崖や路肩が崩落していて非常に危険だった。危ない箇所を何とかクリアしていき、「天狗の涼み岩」という標識が立っているところまで来たところで、「この先、橋梁腐食のため通行不能」という立て看板に出くわす。そこから見る峡谷の景色はなかなかのものだった。腐りかかっているという橋が遠くに見えたが、さすがにあそこを渡っていて崩落されてはたまらないということで、ここで引き返した。

UraHikimi6.jpgUraHikimi5.jpgUraHikimi4.jpg帰りは来た道をそのまま戻らず、急坂を登って国道に上がり、車道沿いに歩いていくことにする。ここから見える鈴ヶ岳の紅葉の様子はなかなか見事だった。多分今日を逃せば、もうこのあたりの紅葉は終わりだっただろう。日が高くなるについれて少しずつ人出が増えてきたようで、カメラを手にした人たちがあちこちにいた。お昼過ぎに駐車場まで戻ったが、車を止めたときにはまだ数台だった駐車場がいつの間にか満車になっていた。ここまでで歩数にして1万2,000歩ほど。いい運動になった。

たっぷり散策と紅葉を楽しんだ裏匹見峡を後にすると、その近くにある「ウッドペッカー木工組合」へ。木製品のパズルを製作しているところで、2ヶ月前にも来たのだが、またいくつかほしくなってあれこれ買ってしまった。店主のおじさんに聞いたら、最近は新しいパズルをあまり発売していないとのこと。「まあ作っても売れませんからね……」とさびしそうに言っていた。ここの商品はパズルとしても非常に面白いし、木工製品としてもレベルの高いものだと思うのだが、何とも残念な話である。

店を出ると帰り道(もちろん国道191号経由)の途中にある道の駅で少し遅い昼食をすませ、3時過ぎには自宅に帰ってきた。I先生とはここでお別れする。

Steinway.jpg今日はもう一つ用事が残っていた。街中のピアノスタジオを5時から1時間予約してあったのである。紅葉狩りとピアノ練習を同じ日にやるのもちょっと無理があるかと思ったが、明日はもう広島を発つ予定なので、もう今日しかなかったのだ。3日後には人前で弾くということで、安く借りられるいつもの楽器店ではなく、スタインウェイが弾けるピアノスタジオへ。1時間3,150円と少し高いが、やはり弾き心地はこちらの方が断然上だ。この間の小指の問題も、このピアノではほとんど生じないようである。あまり峡谷歩きの疲れも感じず、気持ちよく練習することができた。

その後、衣類や文房具などをあれこれ買い物し、夕飯をすませてから帰宅。今日はいろいろ盛りだくさんの一日だった。明日は実家に移動し、明後日から研究集会に出席する予定。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/1236

コメント

紅葉狩りですか~いいですね。もうそんな時期なんですね。
こちらは紅葉狩りへ行く予定が入れられそうにないのですが、
来週開かれる上野の森の大学のシンポジウムの時に、
運良くイチョウが美しいことを期待しているのです。

古風なメヌエット、楽しんでいらしてください。

結構厳しい道が多くて大変だったので、今朝は両足が筋肉痛です。
今の時期、上野は気持ちがいいでしょうね。

コメントを投稿