« 実家に移動 | メイン | 研究集会二日目~ピアノを弾く »

研究集会一日目~朝の電車トラブル

今日から研究集会だが、今朝はいきなりとんだ汗をかかされた。十分余裕を持って最寄り駅から総武線に乗り、これはゆっくりできるなと思ったのも束の間、錦糸町駅を過ぎてから「山手線は内回り、外回りとも運転を見合わせております」とのアナウンス。もうちょっと早く言ってくれれば錦糸町で半蔵門線に乗り換えられたのだが、仕方ない。いろいろな選択肢を考え、とりあえず御茶ノ水駅で下車。ここから地下鉄に乗る手もあったが、ちょうど快速が来たので新宿まで行ってしまうことにした。まもなく山手線運転再開の案内が出たのだが、新宿駅山手線ホームは人で立錐の余地もない状態で、これはあきらめた方がいいと判断する。何しろぐずぐずしていたら講演開始に間に合わない。幸い、小田急線のホームへ走るとちょうど急行が出るところで、うまく乗り込むことができた。あとは下北沢で井の頭線に乗り換えればいいだけ。何とか研究集会の開始前に駒場に着けそうだ。

どうもここで安心したのがいけなかったらしい。下北沢駅で降りて井の頭線のホームに向かうと、ちょうど上り電車が発車しようとしているところだった。空いているところを見つけて急いで飛び乗り、やれやれと一息ついて顔を上げた視線の先にあったのは、「急行渋谷行」という電光掲示板の文字。しまった、と思った次の瞬間、ドアはゴロゴロという音とともに閉じられた。あろうことか、急行と各駅停車との種別を確認しないという凡ミスを犯してしまったのである。かつて東京にいたときは、こういうことは絶対しない自信があった。間違えて乗る人のことが信じられなかったくらいだ。やはり広島暮らしが長くなると、こんなところにも影響が出てくるらしい。渋谷まで行ってまた舞い戻るとなると、講演の開始には大きく遅れるだろう。山手線ストップというトラブルにもめげず、ここまで電車を乗り継いできたのに……がっくり来た。

ところが、神は我を見捨てていなかったのだ。井の頭線はいつも先頭車両は凄まじく混雑する。いったん閉まったドアだったが、人が挟まってどうしても閉じなかったところがあったらしい。プシューッという音がして、ドアが一瞬だけまた開いたのである。この機を逃さず外に飛び出した。ホームに降りるとすぐに後ろでドアが再度閉じられ、急行は渋谷へ走り去っていった。かくして次に来た各駅停車に乗り、無事最初の講演にギリギリ間に合ったのである。「フレンチ・コネクション」という映画で、ジーン・ハックマン扮する刑事の尾行を断ち切るために犯罪組織のボスが発車間際の電車に乗ったり降りたりを繰り返すシーンがあるが、あれをふと思い出した。

研究集会そのものはほぼ順調に進行した。終わった後、K君と久しぶりに渋谷で夕飯。その後、お互いの家に近い錦糸町まで移動し、スタバに2時間ほど滞留する。彼と喫茶店に行くとたいてい詰パラを見ながら詰将棋を考えることになるのだが、今回はうっかり詰パラを持ってくるのを忘れてしまったので、その代わりにデイパックに入っていた携帯チェス盤でチェスにつきあってもらう。対局後にかなり詳しく感想戦をしたので非常に勉強になった。やはり局後の感想戦は大事だと思う。普段の公式戦ではあまりこれに時間が割けないのが残念だ。

9時半過ぎに駅で別れた。さて、明日はピアノである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/1238

コメント

まるでゲームのような電車移動をされたんですねえ~

うちからのルートが3つか4つはあるので、どこかが止まってもいろいろ行きようはあるんですが、
朝からあまりこういうゲームはやりたくありませんねえ。

コメントを投稿