« 先輩と会食 | メイン | 不自由な一日 »

アップライトピアノでの演奏

夕飯の後にヘッドホンで少しだけピアノを練習した。実は先週人前で演奏してからどうもあまり気分が乗らなくなってしまい、ピアノに向かう時間がやや減ってしまっている。やっぱり同じ曲を何度も弾くというのはモチベーションを保つのが難しい。とはいえ、来週もう一度弾かなければいけない以上、ずっとサボってもいられない。「古風なメヌエット」1曲だけではさびしいので、前菜として「HAYDNの名によるメヌエット」も弾くことにした。緊張を和らげるために、プログラムはこうやっていつもスローな曲から始めることにしている(この間はそういうこともできなかった)。メヌエット2曲といういたっておとなしい組み合わせになってしまったが、たまにはこういうのもいいだろう。

言い訳になるが、今にして思うと先週の演奏が今ひとつだったのは、ピアノがアップライトだったことが結構大きかったような気がしている。当日会場に行くまではグランドピアノだろうと勝手に思い込んでいたので、事前に想像していたのとはだいぶ違う形で弾くことになった。そういうイメージとの乖離は、精神的にはあまりいい影響を与えないものだ。それにアップライトというのは演奏者と聴く人との距離があまりに近い。物理的な距離ということではなく、聴衆が自分のすぐ近くに存在しているという意識がどうしても生まれてしまい、ただでさえ足りない集中力がいっそう削がれることになってしまう。これまで演奏会以外では何度か友人の披露宴でピアノを弾く機会があったが、一番うまくいかなかったのは電子ピアノを用意されたときだった。自分の演奏などピアノを選べるレベルでないことはよく分かっているが、技術やタッチ云々ということよりメンタル面を考えると、正直言ってグランドピアノの方がいいなと思わざるを得ない。とはいっても、演奏を依頼されて「グランドピアノがなければ弾けない」などとはもちろん言うわけにはいかないのが難しいところではある。

まあ、所詮は言い訳である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/1247

コメント

私もそうです。アプライトはけっこう弾き難いですね。電子ピアノにいたっては、私の場合どうしてもグランドの強いタッチで打鍵してしまうので、打鍵の浅さと感触のなさに違和感あり、とても弾き難いです。壊れたグランドピアノの方がまだいいかもしれません。

ところで明日から駒場祭なのでT大ピアノの会へ行ってきます♪

自分一人で練習している分には、ピアノが何であろうとそんなに構わないんですけどねえ。
特に先日は偉い先生方がたくさんいたので、いつもとはまた違う緊張感がありました。

もう駒場祭の季節なんですね。最後に行ってからもう7,8年は過ぎてしまいました。
時が経つのは早いものです。

コメントを投稿