« 直前の悪あがき | メイン | チェス喫茶でチェスを指す »

六甲でラヴェルを弾く

今日は演奏会。9時44分に広島を出る新幹線で神戸に移動する。車内ではKubbelのエンドゲームスタディを調べていたが、すぐ眠くなってきてしまい、岡山から先はずっとウトウトしていた。このところ早起きしなければいけない日が続いており、睡眠不足の状態がなかなか解消されない。学生時代は実家から大学まで行くのに1時間半近くかかり、その行程の大部分はひたすら電車の中で居眠りしていた。今にして思うと、あれは足りない睡眠を補完する貴重な時間だったような気がする。電車の揺れというのは、とかく眠気を誘発するのである。

11時40分頃に会場到着。すぐリハーサルで少しだけ試し弾きをさせてもらう。お昼は出演者でたまたま居合わせたIさんと近所の寿司屋で。会場に戻ってまもなく演奏会が始まった。自分の出番は第2部の3番目だ。今回は幹事の指示で、演奏前に何か一言コメントせよということになっていたので、ラヴェルを人前で弾くのは初めてであること、今月上旬に偉い先生の還暦を祝う祝賀会の場で今回の曲を弾いたという話をする。演奏の方は相変わらずミスだらけだったが、それでも全体的には祝賀会のときよりはだいぶうまくいったと思う。ミスはどう頑張ったところで出るものだが、大事なことは止まってしまったり弾き直したりして音楽の流れを断たないことだ。今回はその最低限の条件はだいたいクリアできたので、事前の練習量を考えれば、まああれくらいでよしとしなければいけないだろう。自分の演奏が終わった後は気楽に他の方の演奏を楽しんだ。毎回思うことだが、みんなそれぞれ仕事を持って忙しいはずなのに、よくまあここまで仕上げてくるものだ。熱演を聴いているうち、自分は次は何を弾こう、とまたあれこれ思いを巡らせるのだった。

終了後、駅前の居酒屋に移動して打ち上げ。7時頃から3時間近く、ときどき座席を移動していろいろな方とお話しした。次回の演奏会はすでに幹事が決まっており、来年の5月にもうホールを予約済みとのこと。しばらく忙しい日々が続きそうだが、何とか出演できるよう今から選曲を考えていこう。また、さらにその次の回の演奏会について、幹事をやりませんかと打診されてしまった。出演してばかりでいつまでも仕事をしないわけにもいかないから、多分やることになるだろう。来年の今頃がそれほど忙しくないことを切に願う。

12時頃ホテルにたどり着いた。これで半年に一度のピアノ祭りは終わり。明日はモードをチェスにシフトする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/1256

コメント

ナッツー様、演奏会お疲れ様でした♪

こちらは今日の午前中が本番でした(演奏会ではないんですけど厳しい現場で弾きました)。
いや~、ここ1ヶ月の間、仕事で吐き気がする毎日だったので、それが祟ってピアノも崩壊しました。左手が跳躍する部分の距離感が狭く感じてしまい、飛ぶ箇所を全てはずしましたし、右手の細かい所がぐしゃぐしゃに・・・まるで現代音楽。こういう演奏って聴いている人もドキドキして心配してしまうんですよね。
とても良いピアノだったので綺麗な音でひけたんですけどね。あ~もったいない。

演奏、お疲れ様でした。あまりうまくいきませんでしたか……。
演奏会以外の場での演奏というのは、演奏会のときのような緊張感を保つのが難しいですよね。
まあ自分が思っているほどには聴いている人は悪いと思っていないと思いますよ。
ともあれ、吐き気というのが少々心配ですので、どうかゆっくりお休み下さい。

コメントを投稿