« 今日ものんびり | メイン | 再度のサーバエラー »

名前の読み方

オランダはWijk aan Zeeで開かれていたチェスの大会、Corus Chess Tournamentは、結局Carlsenの優勝で終わった。1990年生まれのカールセンは頭角を現し始めたころからすでに大型新人として期待されていたが、最近ではカスパロフをコーチに迎え、参加する大会では常に優勝候補にあげられるようなトッププレイヤーに成長した。今後もKramnikやAnandとの名勝負を見せてくれることだろう。

さてこの大会が行われているオランダの町Wijk aan Zee、カタカナで表すなら「ヴェイク・アーン・ゼー」とするのが一番近いようであるが、これをどう読めばいいかというのは英語圏の人にとってもそれほど明らかなことではないようで、ChessbaseChessvibesにも読み方をわざわざ解説している記事を見つけた。後者はかつての世界チャンピオンMax Euweや、老いた闘将Victor Korchnoiの綴りや発音についてもあれこれ書いてある。欧米人が彼らにとっての外国人名をどう発音しているかというのはあまり知る機会がないので、こういう記事はなかなかためになってよい。そういえば3年前のCorusの大会を観戦しているときも、Ian Nepomniachtchiという人をどう読めばいいか分からなくて困ったのだった。チェスプレイヤーはどういうわけか変わった名前の人が多い。

それで思い出したが、前からどう読んでいいか分からないチェスプレイヤーでJóhann HjartarsonというアイスランドのGMがいる。アイスランド語ではhやjはどういう扱いなのだろうか。カタカナならどう書くのが一番オリジナルに近いのか、ご存じの方がいらしたらご教示いただければ幸いである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt_3/mt-tb.cgi/1317

コメント

 翻訳で避けられない悩ましい問題です。私はリエゾンしてヴェイカーンゼーとするのは反対の立場です。よほどポピュラーな地名でないかぎり。
 ロシア語の固有名詞発音は綴りとカナに機械的な法則をあてはめ、結果的に実際の発音とかなり違っても大目に見るようです。
 そもそも日本語のカナが表音字というのも、漢字や発音が不規則な英語等に対して相対的にそうだというだけで、発音記号ではないと思えば少しは肩の荷が下ります。
 ニューヨークを今時ニュー・ヨークやニュー=ヨークと書く人はいないでしょうが、これほど有名な地名になったらヴェイカーンゼーとしてあげましょう(笑。

固有名詞は翻訳の際は本当に困るでしょうね。
一般的なルールが通用しない場合もあるでしょうし、ご指摘のように
それがどれくらい知られているかということにも影響されるだろうと思います。

 ご推測の通り昼間から投稿し続けていました(笑。
 あと、首都クラスの地名は、日本が公式(?)に決めた表記はハヴァナじゃなくハバナのようにヴを使いませんね。ヴを使ってしまう人名と統一性がないのも悩みどころです。
 しかし、グーグルの地図で地名にカナも出るようになってきたし、いい傾向ではあるようです。

やはり昼間はコメント投稿できませんでしたか。それは大変失礼いたしました。

地名や人名をカタカナ表記にするときは、ある原則に従いつつも、その原則から外れた表記が
人口に膾炙している場合はそちらを優先する……とするしかないんでしょうかね。
例えば、Milletという画家はカタカナにするなら「ミエ」か「ミエー」でしょうけど、
日本では「ミレー」が完全に定着してしまっていますよね。
その定着の度合いが境界線上にあるような名前のときにどうするかというのもまた悩みそうです。

 キューバ(公用語はスペイン語)の首都はスペイン語では「La Habana」とつづります。だから現地音に忠実だと思います。それからほとんどのスペイン語地域では「v」の発音は「b」と同じです。

 旺文社の「ロワイヤル仏和中辞典第2版」では画家の「Millet」の発音はカタカナで書くと「ミレ;ミイェ」と二とおりの発音が出ています。「millet」(植物のキビ)の発音は「ミイェ」と出ています。「小学館ロベール仏和大辞典」でも同じです。

そういえばスペイン語はvをbで発音するんでしたね。
アルベニスの "Navarra" という曲の邦題に「ナヴァーラ」と書かれていたことがあって、
これはおかしいんじゃないかと昔思ったことがあったんでした。

それからMilletの方、うちにもロワイヤルがあるので早速確認しましたが、本当ですね。
綴りからして当然「ミイェ」だと思い込んでいましたが、発音記号を見ると確かに両方出ています。さらに
http://www.forvo.com/word/jean-fran%C3%A7ois_millet/
こんなページを見つけました。これを聞くと「ミレ」って言ってますね。
もっともらしいことを言って勘違いを世にさらしてしまいました。これだから固有名詞はこわい。
Yamagishiさん、ご教示ありがとうございました。

はじめまして。ちょっと調べてみたところ名(Johann)は三省堂の『固有名詞英語発音辞典』に、父称(Hjartarson)はDUDENの発音辞典(Das Aussprache-woerterbuch)に載っていました。Hは読まずに「ヨウハーン・ヤルタルソン」が近いようです。

はじめまして、コメントありがとうございます。
「ヤルタルソン」ですか。これで以後この人の名前が出てきたときにまごつかなくてすみそうです。
ご教示ありがとうございました。

コメントを投稿