Leonid Kubbel's Endgame Study No.337
3rd Prize, Työväen Shakki, 1935

盤面を見てほしい。白のRとB、それに黒のKとQはすべて白マスにおり、黒のPはすべて黒マスにいる。大きな技がかかるおあつらえ向きの舞台が用意されているということを意味している。
1.Be8+
まずは一本チェック。
1...Kg4
1...Kh42.Rh6+でQが落ちる。
2.Re4+ Kf3
これも2...Kf53.Bd7+でQが素抜きされてしまう。
3.Bc6!
Kに照準を合わせて待機する。次の狙いはもちろん4.Rh4+だ。
3...Qc8
黒はBのラインからKを逃がすことができない。次にQを取られないようにするためには、3...Qc8とするか [3...g4とするかのどちらかしかない。しかし後者は 4.Rd4+ Ke3 5.Rd3+で結局取られてしまう。 4.Rxe7+ Kf4
4...Kg45.Bd7+の両取りで終わり。
5.Re4+ Kf5
Kがここに逃げることで、Qのc8-h3のラインが遮断される。しかし、5...Kf36.Re8+ですぐにゲームが終了してしまうので、黒は分かっていてもこう指すしかない。
6.Re8
ここからは、白はKを放っておいてQを捕まえにかかる。Kがf5で邪魔をしているので、黒のQは広い方に逃げることができなくなっている。
6...Qa6 7.Ra8
Kではなく、Qが詰んでしまった。これで勝負ありである。
1-0

Generated with ChessBase 11