Leonid Kubbel's Endgame Study No.427
Bulletin of the Central Chess Club of the USSR, 1983

黒のKは味方の駒に護衛されているようで、実は身動きが取りにくくなっている。この機を逃さず攻めれば、戦力でN1個分劣る白が勝つことができる。
1.Bc4!
黒のKの退路をつぶす大事な一手。次はもちろん2.Qa2+からの詰みを狙っている。
1...Nf5+
白からの詰めろを振りほどくためには、黒はQかBでチェックできるところまで白のKを移動させるしかない。
2.Kg6!
実は白のKの逃げ場所はここしかない。ほかの場所はすべてQかBにチェックをかけられ、せっかくかけた詰めろが消えてしまうからだ。
2...Nh4+
黒は必死で追いすがる。
3.Kh6!
今度は、どこへ逃げられてもQかBにチェックはかけられる。しかしここへ逃げることで、詰めろをかけ続けることができる。
3...Qd2+
黒はQでチェックをすることはできたが、実はこれは白に操られているのだ。
4.Kh7!
これでチェックが切れる。h列にとどまることにより、黒のNの陰に入ることができるのである。
4...Kb4
ひとまず詰めろは逃れたが……。
5.Qa2
再び6.Qa3#までの詰めろ。実は今度はこれは振りほどけない。
5...Kc5 6.b4+!
この突き捨てが最後の決め手だ。
6...Bxb4
6...Qxb4なら 7.Qf2#まで。
7.Qa7#
きれいなメイトが決まった。
1-0

Generated with ChessBase 11
Download CBLight for free here