Leonid Kubbel's Endgame Study No.431
Shakhmaty v SSSR, 1935

白は駒割でははるかに劣っているが、ここからQの大活躍で勝利をもぎ取ることができる。
1.Qa5+!
このチェックから、盤全体を使った追跡劇が始まる。
1...Kc6
1...Kxa52.Bc7#の一発で終わりなので、黒はこのQを取れない。しかし 1...Kb72.Qc7+ Ka8 3.Qa7#までなので、c6に逃げる一手となる。
2.Qc7+
白はQで追い回しながら右辺に黒のKを追い込んでいく。
2...Kd5 3.Qd7+ Ke4 4.Qc6+ Kf5 5.Qe6+ Kg5
さて、ここまで持ってきたところで……。
6.Qh6+!
スパッとかっこよく捨てる。
6...Kxh6
6...Kg4なら、 7.Qf4+ Kh3 8.Qg3#まで。
7.Bf4#
KとBだけを使ったきれいなメイト形の完成である。
1-0

Generated with ChessBase 11
Download CBLight for free here