Win

 

 

Leonid Kubbel's Endgame Study No.80

Bulletin of the Central Chess Club of the USSR, 1983


この局面から白が勝つとしたらどういう可能性があるだろうか。まず考えられるのは、(1) 代償を払わずに黒のBを取ることだ。次いで (2) 敵のKをメイトに追い込む、(3) 自軍のPを昇格させる、ということがあり得るが、(1)と(2)はともかく、(3)の可能性は低そうに見える。ところが……。

1. Kb3!

まず敵のBにプレッシャーをかける。 1. bxa6? もありそうだが、取らずに 1... Kb6! とするのが黒の好手。したがって手順前後は利かない。

1... Bb4 2. bxa6

黒のBをb4に移動させてから取るのがミソで、今度は2... Kb6とはできない。

2... bxa6 3. Be3+ Kb5 4. c4+ Ka5

Bが取られる形になっているため、黒はKを横に滑らせるしかない。こうしていつの間にか狭い場所に押し込められてしまった。

5. Bg5!

窮屈な場所に追い詰めたところで、外からメイトを狙う。黙っていればもちろん6. Bd8#の1手詰だ。

5... Bc5 6. Bd8+ Bb6

黒はこうするしかない。これでメイトは防げたが、白にはまだ狙いが残っていた。

7. Bc7!

これが最後の決め手。黒に指せるのは7... Bxc7だけで、8.dxc7でPの昇格が決まる。白の勝ち。

1-0