穏やかな冬

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は会議が一つあっただけだったが、その会議が少々長くて疲れた。相変わらず、今後ますます忙しくなりそうだと感じさせる話がどんどん出てくる。おそらく、全国の教育機関が今こんな感じなのだろう。

今年の冬はここまでのところ、ずいぶんと穏やかだ。昨年は1週間ずっと雪が降ったことがあったし、一昨年も大雪の日があったが、今年は12月に2度ほど降ったくらいで、今月はまだまともな降雪がない。気温もそれほど厳しく冷え込むことがなく、朝に氷点下まで下がった日がほとんどない。こちらとしてはしのぎやすくて助かるが、雪や結氷を楽しみにしている娘は今ひとつ面白くないようだ。



底本では黒の9手目の2つの変化が並置されていたが、ここでは棋譜再生の都合上、片方をメインラインとして扱っている。序盤のQの動きは、言わずと知れた馬鋸である。似たようなフィニッシュとして、41番396番も参照されたい。

風邪のシーズン

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の風邪がいよいよ本格化するのではと覚悟していたが、幸い、のどの状態は昨日の朝よりはよかった。そういうときはたいてい、鼻水とか痰に症状が転化してくるものだが、今のところそういうこともない。このままこれですんでくれればよいのだが、多分それは虫がよすぎるだろう。

今日もマスクをして出かけた。午前中に講義をしたが、学生もマスク姿の人が多かったように思う。やはり風邪のシーズンだ。午後はまた4年生の卒業研究の指導。締め切りが近づいているが、ここへ来て新しく分かったこともあり、まだまだあちこち書き加えたり修正したりする必要がある。落ち着くまでもう少しというところだ。

少し風邪気味

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は出張の疲れを癒やすべく、ずっとのんびり過ごしていた。これで今日からは張り切っていけると思っていたが、朝起きてみると何だかのどが痛い。どうやら扁桃腺が腫れている。これが来ると、しばらくして鼻水とくしゃみ、痰のからみが遅れてやってくるのが常である。妻も昨夜からのどがおかしいと言っていた。そろって風邪をひいた可能性はある。幸い熱はないので、マスクをしたうえで普段通り出勤した。

今日は火曜日だが、月曜日の授業を行うことになっていた。このところ連日行っている卒業研究の指導のほか、あれこれのタスクをこなす。2月中旬までは、とにかくいろいろな仕事が降ってくるので気が抜けない。

夜になったが、熱や鼻水が出たりするようにはなっていない。しばらく安全運転で様子見である。

広島に帰る

| コメント(0) | トラックバック(0)

研究集会2日目。今日は昨日より少し開始時間が早く、講演が3つ続けて行われた。最後の講演をつとめたのが師匠であるK先生。相変わらずパワフルでありながら楽しそうに話されていた。

1時過ぎに研究集会は終了。昨年と同じように、W大のK先生に乗っていただき、駅前まで移動する。昨年と同じラーメン屋で少し遅いお昼をすませたあと、ぶらぶら歩いて土産物屋へ。それから車に戻り、K先生の宿泊していたホテルに立ち寄って荷物を受け取ってから山口宇部空港へ向かった。ここでも少し土産物を購入したあと、飛行機に乗るK先生とお別れする。それから広島への帰路に就いた。帰宅は5時半頃。

帰ってみると、昨日から娘が体調を崩していたとのこと。熱が出ていたそうだが、幸いもう平熱に戻っており、夕飯時も入浴時も普段通りの様子だった。幸い明日もお休みなので、多分すっかりよくなるだろう。こちらも明日はのんびりしたい。

朝、久しぶりに雨が降っていた。今日から1泊2日で宇部に出張。娘が頑張って早く起きてきたので、まず車で保育園に娘を送り、その足で宇部へ向かって出発した。

宇部で行われる研究集会には、去年から参加している。そのときの車移動が思っていた以上に快適で、今回も車で行こうと決めていた。2時間はかからないから、8時に出れば10時の研究集会開始には十分間に合う。今回も、特にトラブルもなく会場のU高専に到着できた。

今日の講演は午前に二つ、午後三つ。すぐ隣にあるY大で食堂が開いていたので、お昼はそこですませた。最後の講演をつとめた大御所のS先生を除く4人の講演者はいずれも若い方だったが、みんな落ち着きがあり、話し方も板書も分かりやすくて感心。非常に勉強になった。

講演終了後、懇親会が始まるまでいったん各自ホテルに入るのだが、U高専からホテルがある街中までは少し距離がある。せっかくなので、師匠であるH大のK先生と、G大のN先生に車に乗っていただき、ホテルまでお送りした。師匠を車で送るという経験をするとは思わなかった。

7時から街中の店で懇親会。30人以上の参加者があり、店は貸し切りになっていた。9時半頃に終わり、店の外に出ると路面が濡れている。ホテルに傘を置いてきてしまったので、小走りで帰った。

午前中、歯のクリーニングをするために歯医者へ。2か月に一度くらいのペースで歯の着色や歯石を落としてもらっている。これで次は3月だ、と思っていたら、以前の治療の際の詰め物がはずれかかっているのでやり直さなければいけないとのこと。再来週にもう一度行くことになってしまった。2か月に一度といえば、床屋にもそろそろ行った方がいい時期だ。この土日は無理だから、来週あたりにでも時間をとるしかない。

今日も4年生の卒業研究の指導にだいぶ時間をとった。まだまだ予断を許さない状況だが、やっとまとめ方が見えてきた感じがする。もう一踏ん張りだ。

明日からは、1泊2日で隣県に出張の予定。

パガニーニといえば、悪魔に魂を売り渡したと噂されたほどの超絶技巧でヴァイオリンを演奏したことで有名だ。しかし最近、パガニーニはギタリストでもあり、ギターの曲も作曲していたと知った。ヴァイオリンのための曲をギターに編曲したのではなく、ギターのために作られた曲がかなりたくさんあるのである。ヴァイオリンがあまりに有名なので、そんな曲もあると知ったときはちょっと驚いてしまった。演奏をネットで聴くことができるが、特に超絶技巧を見せつけるという感じでもなく、終始穏やかな曲が多い。採点作業などをしているときのBGMにちょうどよいので、今日もしばらく流していた。

パガニーニがどういう生涯を送ったのかあまり知らなかったのだが、後半生はあまり充実したものではなかったようだ。梅毒にかかったうえにその治療のために水銀を投与されて水銀中毒に陥り、そのせいで演奏もできなくなったという。水銀中毒の症状が進んでついに死んでも、悪魔に魂を売り渡したと思われていたせいで埋葬を拒否され、死後数十年にわたって墓地が定まらなかったというのだから、何とも気の毒な話だ。まあ、それほどすさまじい演奏だったということなのだろう。

忙しい一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日より気温が下がり、肌寒い一日だった。ほんの一瞬だが、朝方に雪のようなものがちらつきかけた。あれっと思った次の瞬間にはもうやんでいたが、山沿いでは少し降ったのかもしれない。

今日は午前中に今年最初の授業があった。昨年の最後の回を休講にしてしまったため、ほぼ1か月ぶりの講義である。おそらく月末に補講をすることになるだろう。午後は4年生の卒業研究の指導。今はいよいよ最後の追い込みに入っている。さらに夕方、緊急に入った会議に出席。保育園のお迎え時間の刻限が近づき、会議が終わると急いで勤務先を後にする。いろいろあって忙しい一日だった。

今日も冬晴れのよい天気の一日だった。昨シーズンは寒さが厳しく雪も多かったが、今シーズンは今のところ、12月に2回ほど降っただけ。年が明けてからは青空を見る日が多い。もっとも、今月下旬から来月にかけてはさすがに降る日もあるだろう。

年の暮れに、通勤用のビジネスバッグを購入してみた。前のバッグでもまだまだ使えたが、持ち手の部分が少し傷んできていた。年明けから新しいバッグを持ち歩いているが、前よりだいぶ軽くなってなかなかよい。もっとも、軽量のバッグを買ったというわけではない。これまでのバッグに入れていたものをよく見たらずいぶん前の書類ばかりで、今は持って行く必要のないものばかりだったのだ。持ち物をリセットできたというだけでも、バッグを新調した意味はあったように思う。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • Hoikoro.jpg
  • PorkRucolaTomato.jpg
  • OrigamiBoar2.jpg
  • OrigamiBoar1.jpg
  • PorkRucola.jpg
  • VioletRucola.jpg
  • Pescatore.jpg
  • Goryokaku2.jpg
  • Goryokaku1.jpg
  • RucolaPasta.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07