成績判定会議

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、いつもより早めに出勤。まず、解析学の成績判定会議に臨む。それが終わると、しばらく間を置いて今度は線形代数学の成績判定会議。これでやっと成績が固まり、4月から担当していた講義と演習に関わるすべてのタスクが収束した。毎年やっていることとはいえ、ここまで来るとやはりホッとする。

午後は「数学セミナー」に連載中の記事を少し書き進めたりしていた。6時頃帰路に就く。

黒後家蜘蛛の会

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気はよかったが、すぐ近所で買い物をしただけで、ずっと家でのんびり過ごした。日中はまだまだ暑いものの、朝晩は日陰にいるとずいぶん涼しくなったように思う。夜の寝苦しさもなくなって過ごしやすくなってきた。

このお盆休みはアシモフの「黒後家蜘蛛の会」を読んでいた。1編が短いから、ちょっとした空き時間に少しずつ読んでいける。こういう安楽椅子探偵ものは、細かい状況設定をはっきり整理せずに読み進めていっても、話がこんがらがる前にさっさと事件が解決してしまうから、気楽な気分で読める。「隅の老人」や「九マイルは遠すぎる」も昔読んだが、「黒後家蜘蛛の会」はさらにあっさりしたテイストだ。お話によってはちょっと無理があると感じるものもなくはないが、どれも面白い。かつて愛読した「鏡の国のアリス」や「指輪物語」をネタにした短編もあるとは知らなかった。

安楽椅子探偵ものというジャンルを確立したのは、やはり「火曜クラブ」が最初なのだろうか。そうなると、やはりアガサ・クリスティは偉大だなと思う。



Qによるチェックの連続で迫りつつ、局面を少しずつ変化させていく。長編詰将棋における龍追いの感覚に非常に近く、Kubbel作品の詰将棋との親和性を強く感じさせる一品といえるだろう。

今日は午後のある時間帯、かなり激しく雨が降った。雷がゴロゴロと鳴り、瞬間的に電圧が落ちて明かりが暗くなることもあった。このところただただ暑いだけだったから、こんな雨の降り方は新鮮だった。

帰宅後、そろそろ夕飯を食べようとしていたときだった。何の前触れもなく、突然居間の明かりがふっと消えてしまった。日中に職場で瞬電があったばかりだが、今度は電圧が下がったわけではない。天候は夕方には回復していたし、何よりほかの電気はちゃんとついている。どうやら単にシーリングライトの寿命が来たらしい。電灯がつかなくなるというのはよくあることだが、初めての経験だったのは、今回寿命が来たライトはLEDだったということだ。蛍光灯なら、寿命が来るとチカチカと不規則に明滅するものだが、LEDは電球のようにある日突然つかなくなるものらしい。しかし、蛍光灯よりずっと長持ちするのがLEDの長所ではなかったのか。もしかしたら、電灯部分とは別の箇所が故障したのかもしれない。それこそ、日中の雷のせいということもあり得る。

ともあれ、居間のライトがつかないのは困るので、急いで近くのホームセンターに行って新しいシーリングライトを買ってきた。次はもう少し長持ちしてほしいものだ。

ひどい暑さが連日続いていたが、今日は久しぶりにどんよりとした曇り空。ときおり雨も降り始めた。それでも蒸し暑いことに変わりはないが、あの刺さるような日差しがないだけでもだいぶ違う。

今日も夕方に買い物に出たほかは家でのんびり過ごした。これでお盆休みも終わりで、明日からは自分も妻も通常通り出勤する。プールにも行ったし川でも遊んだし花火もしたし、今年はお盆の期間だけでもずいぶん夏らしい活動ができた。

2日続けて水遊びに出かけたので、今日はのんびり家で過ごしていた。お盆明けまでにやっておかなければいけない仕事があるので、今日のお昼はそれに時間を使った。

夕方に近くのホームセンターへ行って少し買い物。その後アウトレットに行ってまた少し買い物をする。本当はそのままそこで夕飯にするつもりだったが、食堂街は大勢の客でごった返しており、時間がかかりそうだったので引き返した。結局、家から車で数分のところにあるうどん屋に入った。

夕飯がすんだあと、自宅に戻ってからもう一度出かける。実はホームセンターで花火セットを買ったので、近くの公園でちょっとやってみようということになったのである。娘は打ち上げ花火を見たことはあるが、自分で花火を持つのは初めての体験。予想通り楽しかったようで、帰るときはもっとやりたかったとしきりにこぼしていた。線香花火はつまらなかったと言ったのも予想通り。あれがよいと思えるようになったら、もう大人だろう。

今日も泳ぐ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も相変わらずのひどい暑さ。お盆休みだしどこかに出かけようかとなっても、これだけ暑いと外を歩くような行楽は到底できそうにない。昨日川で水遊びをしてきたところだが、結局また水に入るということになった。

まず家から車で15分くらいのところにあるビュッフェ形式のレストランで少し遅めの昼食。そこからさらに車で20分くらいのところにある「クアハウス湯の山」へ。ここは昨年も訪れたが、プールと温泉施設が合体しているというユニークな場所である。プールで泳ぎ、身体が冷えてきたら温泉エリアに移動してあったまるということを何度も繰り返した。大して泳げないのだが、それでも結構な運動になる。娘も浮き輪につかまってずいぶんバシャバシャやり、だいぶ楽しんだようだ。私よりずっと泳ぎが上手な妻は、ときどき泳ぎ専門のレーンに移動してはクロールや平泳ぎでプールの端から端まで何度も往復していた。

日が落ちてあたりが薄暗くなり始めたころにようやく引き揚げる。2日続けて水遊びをしたから、これでお盆休みを有効に活用したといってもいいだろう。

川遊びに行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は一日のほとんどを家でのんびり過ごしたので、今日は行楽に出かけることにした。本当なら、こんな暑い日には海水浴が一番だ。前々から、この夏には何度か訪れたことのある瀬戸内の砂浜で泳ごうと決めていた。ところが、先月の豪雨で、計画はすっかり狂ってしまった。広島呉道路が土砂崩れで大きく損壊してしまい、復旧は秋までかかるという。蒲刈や倉橋の海へ行くためには、まず呉まで出なくてはならない。一般道を使えば行けないことはないだろうが、相当な時間がかかるだろう。しかも、蒲刈の現地周辺も通行止めが最近まで続いていたらしい。まあこの状況では、海行きは躊躇せざるを得なかった。

Maronnosato.jpgそこで妻の提案で、初めて川を目指すことにした。向かったのは、車で小一時間のところにある「マロンの里交流館」というところ。ここは施設の裏側に川が流れており、家族連れが川遊びを楽しめる場所になっているという。考えてみると、子どものころには海にも山にも行ったが、水着に浮き輪というスタイルで川に入ったことはあまりなかったように思う。

着いたのは1時頃。すでに河原は多くの家族連れで賑わっていた。川というと流れが速かったり急に深くなったりしていてちょっとこわいところという印象もあるが、ここはさすがに水流も穏やかで安全なようだ。ヤブ蚊やアブに悩まされるのではないかと想像していたが、行ってみると虫はほとんど飛んでおらず、気にはならなかった。深さも広さもあまりないので、泳ぐというよりは水に入って遊ぶという感じではあるが、娘はそれなりに楽しんだようだ。

川から上がり、ソフトクリームを食べてから帰路に就いた。

今日からは束の間の休息期間。お盆休みには、どちらかの実家へ行こうか、それとも泊まりの旅行でもしようかとあれこれ話をしていたのだが、結局話をしているだけで何も具体的な行動は起こさないで来てしまった。まあ家でのんびりしているのが一番休息になるのは間違いない。今のような酷暑では、日中に外出するだけで結構エネルギーを消耗してしまうだろう。

家にいるのなら少しでも実のあることをしておこうと思い、残してあった期末試験の採点を片づける。まだ全体をもう一度見直す必要があるが、これで基本的な作業は終わった。

夕方から街中へ出て買い物。本屋で何冊か書籍を購入。娘に「ふたりはともだち」を買った。帰宅してすぐ読み聞かせをして思ったが、この絵本のストーリーの語り口は落語のそれに非常に近いものを感じる。「かえるくん、きみ、ひどく顔が青いよ」「いつだって青いんだよ、かえるなんだもの」というようなくすぐりがところどころに入れてあるし、二人の登場人物の会話が主体なので、読んでいると自然に落語調になってしまう。こういうのは読み聞かせている方も楽しい。

今日も暑かったが、全国で40度を超えるような地点が続出するような日を経験してしまうと、最高気温が34度くらいでは暑さが一段落したような気がしてしまう。感覚が麻痺してきているらしい。

勤務先に行ってみると、同僚のうちの何人かはもう休暇をとっているようだった。お盆休みに入ったようだ。かくいう自分も今日は短縮営業ということにして、残っていた仕事を少し片づけてからお昼過ぎに戻ってきてしまった。13~15日はすでに休みを入れてあり、次は16日に出勤の予定。

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • Maronnosato.jpg
  • Arrabbiata.jpg
  • BasilFlowers.jpg
  • Planters180713.jpg
  • OobaTempura.jpg
  • BasilPowder.jpg
  • CroppedBasils.jpg
  • Planters180630.jpg
  • TarakoPasta.jpg
  • Ajisai.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07