Azumayama2.jpgAzumayama1.jpg今日と明日は1泊2日で家族旅行。行き先は広島県北部の吾妻山ロッジで、昨年8月以来二度目の訪問である。どこへ行こうとあれこれ検討しているうちに時間ばかりが過ぎてしまい、結局ここくらいしか宿を押さえることができなかった。家から2時間足らずで着くので、泊まりがけの旅行のわりには結構気楽である。気楽すぎてのんびりしていたために出発がお昼を過ぎてしまい、着いたときはもう2時をとうに回っていた。

チェックインして荷物を部屋に置くと、早速ロッジのすぐ前に広がる草原へ。当初の計画では宿泊先近くの吾妻山に登るつもりでいたのだが、さすがに今からでは下山する前に日が落ちかねない。午後は付近を散歩するだけでゆっくり過ごすことにした。宿の周辺は池がいくつか点在しており、その周りを歩くのはいいリフレッシュになる。一通り散策した後に最初の草原に戻り、少し小高くなっている丘へ登って景色を楽しんだ。昨年来たときは暑かったが、今日は風も涼しくて心地よい。ゆったりした時間を過ごすことができた。

夕飯の後、星を見にもう一度草原に出て行ったが、あいにく今日は雲が多く、昨年のように満天の星空というわけにはいかなかった。

今日も雨の一日だった。

そろそろ、ルッコラを育てる時季である。注文してあったハーブ栽培用の土が数日前に届いたので、今日はプランターに土を入れ込む作業をした。昨年の土を全部取り出してレジ袋にまとめ、鉢底石を少し足してから新しい土を入れる。今日種まきまでしようかとも思ったが、明日は1泊2日の家族旅行に出るし、戻った後の月曜日も朝から出張で家を空ける。少し落ち着く火曜日以降に作業をした方がよいと考え直した。9月中の播種なら、例年と比べても早い方だろう。

冷たい雨の降る一日だった。半袖では肌寒いと感じ、いったん袖を通したシャツを脱いで久しぶりに長袖のシャツに着替える。実際、これでちょうどよかった。これからしばらくは、天気予報を見て着ていく服を決めることにした方がよさそうだ。

ベランダのアサガオは今月に入ってからずっと花を咲かせ続けていたが、今日は一輪も咲いていなかった。気温も下がり、そろそろシーズンも終わったということだろうか。それにしても、こんなに花ができるものだとは知らなかった。トータルでは100輪近くになったのではないか。あまり調べずに適当に育てたわりには、ずいぶんうまくいったと思う。花が咲いた後に膨らんできている房があるので、もしかしたら種も採れるかもしれない。また来シーズンもやってみよう。

夜から雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、今日と天気は快晴。勤務先ではまだ嵐の前の静けさという感じで、それほど忙しくはない。しかし、徐々に来月からいろいろな予定が入り始めた。またあの慌ただしい日々が始まると思うと、少々気が重い。

夜になって雨が降り始めた。木曜と金曜は一転してずっと雨が続くらしい。気温もぐっと下がるようだ。もうすぐお彼岸、いよいよ秋がやってくるということだろう。

TomatoPasta.jpg妻が風邪気味なようなので、夕飯は軽めにすませることになり、うちにあるもので簡単なパスタをつくった。ニンニクとベーコン、シメジを炒めてからトマト缶を加えただけのパスタである。ベランダからイタリアンパセリを摘んできて散らした。

こういうパスタをつくるのは簡単なのだが、どうもいつも同じようなものばかりやっているので、もう少しレパートリーを広げたい気もする。冷蔵庫の中にある食材を条件式としたときに、そこから得られる解が少なすぎるのだ。別に凝ったものでなくてもよいので、今あるものでこうやってみたりああやってみたり、ということをいろいろ組み立てられるようでなくてはいけない。それが料理をする、ということだろう。

三次に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

Miyoshi2.jpgMiyoshi1.jpg連休も最終日。スカッと快晴というわけにはいかなかったが、雨は降っていなかったので行楽に出かけることにした。数ヶ月前にも訪れた三次へ向かう。コースも前回と全く同じで、まず「トレッタみよし」にあるパン屋でパンを買って昼食。それから車で10分くらいのところにある「三良坂フロマージュ」へ。ここでソフトクリームをいただいてからまた来た道を戻り、トレッタみよしのはす向かいにあるみよし運動公園で娘を遊ばせる。予定通りに回ることができたのだが、計算外だったのは、思っていた以上にどこも混雑していたこと。最初のパン屋では売り切れているパンが多かったし、次に訪れた牧場でも、買うつもりでいたチーズがことごとく売り切れ。三次はブドウやワインに力を入れており、収穫を迎える今の時季は観光シーズンのまっただ中なのだ。結局、買い物は最後に立ち寄ったワイナリーで購入した赤ワイン1本のみだった。

三次は果物やチーズなど買い物も楽しめるし、大規模な遊具のある公園があるおかげで娘も満足できる。家から小一時間で行ける場所としてはなかなか魅力的だ。今後もちょくちょく行くことになるだろう。

OrigamiKangaroo2.jpgOrigamiKangaroo1.jpg先月のラクダに続き、また折紙を折ってみた。今回はカンガルーである。モデルの作者は萩原元氏。紙は50cm×50cmの羊皮紙を使用している(本来の羊皮紙の雰囲気を再現した「羊皮紙」という名前の紙であり、もちろん本当の羊皮紙ではない)。折図ではカンガルーの親の頭の折り方が2通り紹介されていたが、今回は2番目の折り方として提示されていたものを採用した。

先週から折り始めたが、思っていたよりずっと早く完成させることができた。前回のラクダと比べると、半分以下の時間しか使っていない。早く折れたのは、折図の説明が非常に丁寧で、指示が分からなくてとまどうことがほとんどなかったからだ。また作品の設計自体も、局所的にはクラシカルな基本形を土台にしている箇所が多く、理解しやすかったことも大きい。もっとも、それでも終盤は紙が相当重なって折りにくくなり、形をまとめるのに苦労した。こういうときは紙を少し湿らせるウェットフォールディングをすべきなのかもしれないが、下手にぬらしすぎて紙をダメにしないかが心配なのであまり試していない。

カンガルーは、ずいぶん前にPeter Engel氏の作品を折ったことがある。あのころはまだ市販の折紙用紙で頑張っていたのだった。あれから10年、折り手として少しは進歩しただろうか。

(折紙モデル:"Kangaroo 2013", 萩原元 "Spirits of Origami" (Passion Origami Collection) 所収)

Harusame.jpg昨日は外食ですませてしまったので、今日は夕飯には何かつくるつもりでいた。中華の炒め物にすることに決め、回鍋肉、青椒肉絲、挽肉と春雨の炒め物の三つからならどれがいいと娘に聞くと、挽肉と春雨なら食べるという。冷蔵庫のキャベツとピーマンのどちらかを消費したい気もしたが、家族の意見を尊重することにした。

中華の炒め物というのは、材料を切って調味料を用意しておくところまでで8割方の作業は終わっている。あとは合わせて炒めるだけで、大して時間はかからない。今日もガスコンロの火を入れて数分後にはもうできていた。これだけではさびしいので、卵とネギの中華スープも一緒につくった。炒め物もスープも悪くなかったと思う。ただ、うっかりご飯をよそいすぎてしまい、最後は少し苦しくなってしまった。春雨はお腹にたまるのだ。

今日はどんよりとした曇り空。午後からまとまった雨になるという予報だったが、幸いそれほど強く降ることはなく、たまにパラパラと落ちてくる程度だった。空気もひんやりしていて過ごしやすかった。アサガオは、昨日が11輪、今日が9輪とまだまだ咲き続けている。

妻は今日から土曜日まで出張で不在。家で夕飯をつくるつもりでいたが、外食にしようと娘が主張するので、近所のうどん屋ですませてしまった。明日は何かつくることにしよう。



それほど奥が深くはないが、Pの3連続ステップに黒側からのステイルメイト狙いの味付けもあって楽しめる。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • Azumayama2.jpg
  • Azumayama1.jpg
  • TomatoPasta.jpg
  • Miyoshi2.jpg
  • Miyoshi1.jpg
  • OrigamiKangaroo2.jpg
  • OrigamiKangaroo1.jpg
  • Harusame.jpg
  • VongoleBianco.jpg
  • MorningGloryFlowers3.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07