Blueberryjam.jpgこのところ、朝はパンにバジルペーストかブルーベリージャムのどちらかをつけて食べている。どちらも、何日か前にうちのベランダでの収穫物からつくったもの。バジルペーストは何年も前からやっているが、ブルーベリージャムは今年が初めてだ。ブルーベリーを育てたのも、それを収穫してジャムをつくったのも妻だが、こんなものが家でつくれるのだなとちょっと感心する。食べてみても、市販のものと遜色ないおいしさである。

ブルーベリーはノーザンハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系、ラビットアイ系などいくつかの系列があり、さらにそれぞれの系列内にたくさんの品種があるらしい。うちで育てているのは、サザンハイブッシュ系のシャープブルーとサンシャインブルーの2本。品種解説のページを見ると、どちらも比較的育てやすいとされているもののようだ。それにしても、ブルーベリーと十把一絡げに言っていても、実はその中でこれだけの品種があり、樹木の大きさや育て方、実のサイズ、実のなる量、実のなる時期などが少しずつ違うのだから、園芸は奥が深いとつくづく思う。



創作初期の習作。

梅雨明け

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方はまだ曇り空だったが、日が高くなるにつれて雲が切れ、青空が見えるようになった。そして気温がぐんぐん上がる。これはそろそろかな、と思ったら、やはり梅雨明けの発表があった。これでいよいよ、一番暑い時期がやってくる。これから1ヶ月半くらいは、あのうだるような熱気に耐えなければいけない。

今日は午後に会議が一つあっただけで、来客もなく静かな一日だった。

一昨日の詰将棋全国大会で購入した「現代詰将棋 短編名作選」を何度も手にとって眺めている。どこを開いても、ただひたすら感心させられる作品ばかり。知っているものも多かったが、初めて目にするものもあり、こんなよい作品を今まで知らずにいたのかと幾度もうならされた。ありがたいことに自作も2作選んでいただいているが、この名作群の中にあっては、正直なところ見劣りがする。すっかり埋没してしまって、壁の花にでもなったようだ。

そういえば、全国大会の懇親会の場でも同じように感じた。元々存在感があったわけではないが、何しろ最近はあまり作品を創っていないので、ああいう場にいてもますます影が薄くなってしまったように思う。もうよい作品が創れる気は全くしないが、それでもやはりときどきは何とか頑張って創作活動をしないといけないな、とあらためて感じている。

BasilLeaves.jpgBlueberries.jpg今はベランダのプランターにバジル・大葉・イタリアンパセリが植わっている。秋になればバジルや大葉は終わるが、代わりにルッコラの種をまく。これに室内で育てるブロッコリースプラウトも加えた5種を育成するというのが、ここ数年のパターンだ。

実は、ベランダにはこれとは別に収穫できるものがある。妻がベランダで育てているブルーベリーだ。元々は、一昨年のに植物公園で買ってきたもの。昨年は全く実をつけなかったので半ばあきらめていたのだが、今年は花もたくさん咲いたし、実もびっくりするほどたくさんなってくれた。今日まとめて収穫したが、妻はこれでジャムをつくるという。さて、うまくできるかどうか。

また、今日はバジルの方も収穫した。前回の大量収穫から1ヶ月経ち、このところ花芽が次から次へと出てくるようになっていた。花が咲いてしまえば、もう葉の収穫は難しくなる。ちまちまと花芽だけ摘んでいるより、まとめて葉を取ってしまった方がよい。先月つくったバジルペーストはもう食べきってしまったので、今日摘み取った分でまた新しい分をつくった。これでこの夏はずっと楽しめるだろう。

今日は詰将棋全国大会の日。今年は名古屋で行われる。朝8時過ぎに家を出て、11時10分頃名古屋駅に到着した。会場が新幹線の停車駅から徒歩数分で行けるというのは大変助かる。会場に着くと、早速書籍売場で短編名作選と詰将棋解答選手権2017年鑑を購入。その後、安南詰将棋の作品集も買った。ここで新しい詰将棋本を買えるというのが、遠くても詰将棋全国大会に顔を出す理由の一つ。特に今年の短編名作選は自作も2作選ばれており、大変楽しみにしていた。

12時半からプログラムがスタートした。全国大会に参加するのは今回が14回目だが、いつもとちょっと様子が違っていたのは、取材に来ているメディアが何社もあったこと、そして参加しているプロ棋士にサインをねだったりツーショットを撮らせてくれと頼んだりするのは控えるようにと運営側から何度もアナウンスがあったことだ。大会の進行中に経過をSNSにあげることもやめてほしいとのこと。そこまで神経質になっていたのは、もちろん今や時の人である藤井四段が来場されていたからである。5年前、松本で行われた全国大会に姿を見せた "F君" が、ここまで耳目を集める存在になるとは思いもよらなかった。看寿賞の授賞式と作品の解説が行われたあと、詰将棋の普及や詰将棋界の発展に貢献した方を表彰する門脇賞の受賞者として、宮田六段とともに藤井四段も壇上に立ち、大きな拍手を受けていた。

休憩時間を挟み、第2部では恒例の解答競争。15分間で1~5手詰の問題をたくさん解くのだが、いつもながらややこしい問題が並んでいるのでなかなか進まない。自分などは前半を解いているだけで終わってしまった。優勝は予想通り藤井四段。今さら驚くことでもないが、やはりただ者ではない。その後もう一つイベントがあり、最後に全員で写真撮影。16時半に無事プログラムは終了した。

17時15分からは場所を移して懇親会。立食パーティー形式で、19時45分まで続いた。食べながら何人かの方とお話ししたが、一番びっくりしたのは、今年の看寿賞受賞者であるUさんが高校の後輩だと分かったこと。詰将棋界に、高校の同窓生がいるとは思わなかった。それも近年大活躍のUさんである。世界は狭い。

20時13分名古屋発の新幹線で帰路に就いた。家にたどり着いたのは11時過ぎ。疲れたが、今年も足を伸ばしてよかった。

Pescatore.jpg今日はペスカトーレをつくってみた。前につくったのは1月下旬で、およそ半年ぶりである。最初はボンゴレロッソにしようと思っていたが、スーパーにタコと安くなったブラックタイガーが売られていたので、全部入れてみる気になった。つくるのは簡単で、ニンニクをオリーブオイルで炒めてから買ってきた海の幸を入れ、アサリの口が開くまでぐつぐつやればよい。プランターのイタリアンパセリもたっぷり取ってきて散らした。

エビを買ってきたら、まず背わたを取りましょう、とどんなレシピを見ても書いてある。今日も一応全部爪楊枝を指して引き抜いたのだが、この作業でどれくらい味にプラスの効果が出ているのか、実はよく分かっていない。以前、一度背わたを取るのをサボって何かつくってみたことがあるのだが、正直言って味の違いはあまり分からなかった。取らないと砂が入っていたりすることがあるということらしいから、運が悪ければ味が悪くなることもある、というくらいのことなのかもしれない。

セミの声

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝から会議があり、いつもより早めに家を出た。まだ梅雨は明けていないことになっているが、ここ数日は雨もなく暑い日が続いている。昨日あたりからはセミの声が聞こえ始めた。いよいよ本格的な夏である。

金曜日なので午後は講義と演習。終わると保育園に慌ただしく直行する。いつも金曜日が終わるとどっと疲れる。講義は今月いっぱいまでで、その翌週が期末試験。それが終わるまで、もう少し頑張ろう。



盤の端で白の駒2つがピンされたモデルステイルメイトの形が現れる。Kubbelは、Kが盤の隅にいる形ながら、3つの駒がピンされたステイルメイトの形がLazardの作品において得られていることを述べている。参考までに、Lazardの作品も手順のみ掲げておく。




野球観戦に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

DeNA_vs_Carp.jpg今日は仕事を終えると急いでバスに乗って街中へ向かった。学生時代の同期で今はH大に勤めるT君から、カープ戦のチケットが手に入ったので一緒に観戦しないかと誘われたのである。かつての旧広島市民球場に行ったことは何度かあるが、実はマツダスタジアムはこれが初めて。ついに訪れる機会が巡ってきた。

球場に着いたのは7時近くで、もう試合は始まっていた。ちょうどカープが先制点を入れたところで、応援席はすっかり盛り上がっている。今年もカープは絶好調だから、この分ならこの後も得点シーンが見られるだろう......そう思っていたのだが、ここから急に風向きが変わってしまった。ヒットを打たれたりエラーを連発したりでDeNAが逆転。カープは今日はヒットが全く出ない。それでも終盤に逆転するのではとみんな期待していたが、結局そのまま見せ場もなく終わってしまった。昨日だったらすごい盛り上がりに遭遇できたはずだったのだが、どうもツイていない日に来てしまったようだ。まあ仕方がない。それでも、マツダスタジアムの熱気を生で体感することができてなかなかよかった。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • Blueberryjam.jpg
  • BasilLeaves.jpg
  • Blueberries.jpg
  • Pescatore.jpg
  • DeNA_vs_Carp.jpg
  • Gyoza.jpg
  • Planters170708.jpg
  • TarakoPasta.jpg
  • Kijis.jpg
  • VongoleRosso.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07