Leonid Kubbel's Endgame Study No.144

| コメント(0) | トラックバック(0)



このあと登場する153番も参照のこと。ごく初期の作品で底は浅く、作品というよりは素材のレベルである。Kubbel自身も1938年に出た彼の作品集で、このステイルメイトのアイディアを立派な作品として表現したのはMattisonが初めてだったと認めている。参考までに、Mattisonの作品も掲げておく。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/391

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2011年5月25日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冷水か温茶か」です。

次のブログ記事は「魂の60局」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07