灯籠流し

| コメント(0) | トラックバック(0)

勤務先で少し仕事をした後、夕方から街中に出た。東急ハンズや天満屋のジュンク堂で少し買い物をし、夕飯をそのへんですませてから、原爆ドームの周辺の様子を見てこようと歩き始める。今日は夜になっても蒸し暑く、歩いているだけで汗がポタポタ落ちてきて何度も額を拭わなければならなかったが、途中から涼しい地下街に降りたらだいぶ楽になった。

AtomicBombDome2.jpgAtomicBombDome1.jpg旧市民球場のあたりで地下街を出ると、もうそこは人でごった返していた。やはり今日は広島にとっては特別な日である。原爆ドームの前には大勢の人が群がっていた。特にある場所に人がたくさん集まって写真を撮っている。行ってみると、ちょうどそこからはドームのバックに上弦を少し過ぎた月が見えているのだった。さらにそこから川辺に出てみると、たくさんの灯籠が川面に浮いているのが見えた。両岸はかなりの人出で、橋の欄干にも人が鈴なりになっている。外国人がやはりかなり多いようだった。行き交う人の多さだけ見れば夏の夜祭りのようでもあるが、どこかで誰かが歌っている反戦歌のような歌を除けば、聞こえるのはざわざわとした人々の静かな話し声ばかりで、それが今この一帯を覆っているしんみりとした空気を伝えているように思われた。

しばらく人混みの中を歩いた後、帰路に就いた。9時半過ぎに帰宅。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/458

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2011年8月 6日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オープンキャンパスの準備」です。

次のブログ記事は「オープンキャンパス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07