折紙本届く

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝の冷え込みは厳しかった。昨日の夕方から降っていた雪が夜のうちにあがってくれていなかったら、道路がガチガチになっていたかもしれない。

帰宅すると、一昨日注文した折紙本がもう届いていた。今回買ったのは3冊で、いずれもRobert J. Lang氏の作品集。やはりこの人の作品は隙のないテクニックから生まれるリアリティがあって、折っていて安心感がある。1冊目は大作 "Origami Design Secrets" の第2版初版は持っているのだが、今回新たに追加された折図や説明がどうしても見たくなって買ってしまった。残りの2冊はいずれもJohn Montroll氏との共著で、"Origami under the sea" と "Sea creatures in origami" というタイトル通り、水中に住む生物の折紙作品集である。ほとんどは "Origami sea life" (絶版)に収録されていたものだが、いくつか新作も加わっているようだ。笑ってしまったのは、"Origami under the sea" に掲載されていたMontroll氏の連作。"Tadpole" (オタマジャクシ)と "Frog" (カエル)はいいとして、"Tadpole with Hind Legs" (足が少し生えてきたオタマジャクシ)と、"Froglet" (まだしっぽが残っているカエル)の折紙まで載っているのだ。このこだわり方は、並みではない。

しばらくパラパラとページを眺めるのを楽しんで、時間ができたらどれか折ってみよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/566

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年1月12日 22:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「物騒なニュース」です。

次のブログ記事は「来年度の講義の打ち合わせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07