チェスプロブレム関係の封書

| コメント(0) | トラックバック(0)

帰宅すると封書が2通届いていた。1通目は発行が遅れていたプロブレムパラダイスの第56号。季刊誌なのだが、表紙に載っているのは "October-December 2010" の文字で、つまり発行されるべき時期から1年以上遅れている。編集長のWさんが忙しすぎるから無理もないが、さすがにこのズレは解消した方がいいということになったようで、2011年分は休刊扱いとして次号は "Jan-Mar 2012" になるようだ。中を見ると、今年の9月に神戸で開催されることになったチェスプロブレム世界大会に関する記事が目を引く。世界中から200人くらいの愛好家が集まり、まるまる1週間、チェスプロブレムをめぐって様々な催しが行われる。日本で開催されるのはもちろん初めてだ。どんな大会になるのだろうか。

もう1通の封書もチェスプロブレム関係で、こちらは海外からのヘルプメイトの作品投稿。ときどき自作を送ってくれるポーランドの方からだ。最近投稿される作品が枯渇気味で、プロパラに掲載する作品選びに苦労しているので、こうやって新作を届けてくれるのは非常に助かる。先日も別の方から作品をいただいたし、これで次号の原稿も何とかなりそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/572

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年1月18日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.162」です。

次のブログ記事は「プレイ・バッハの中古CD」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07