チキンとタマネギのカレーをつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年度最後の出勤日だったが、それほど大事な仕事もなかったので、残っていた年休を使ってお休みにしてしまった。来週からは学生向けのガイダンスが一斉に始まり、その次の週からはもう講義が始まる。嵐の前の最後の静けさは家で享受したい。

ChickenCurry1.jpg先日インド料理の本を買ったので、今日は思い切って本格カレー作りに挑戦してみることにした。時間のあるときでなければ、こういうものを一からつくることはなかなかできない。今回は比較的オーソドックスと思われる、チキンとタマネギのカレーをやってみることにした。まずショウガとニンニクをすりおろしてからヨーグルトと混ぜ、これにガラムマサラ、コリアンダー、クミン、ターメリックとインドらしい各種スパイスを投入し、さらに鶏肉を一口大に切って漬けておく。次に細切りにしたタマネギをキツネ色になるまで炒める。そしてそれとは別の鍋でレッドペッパーと一緒に先ほどの鶏肉を炒め、それから水を加えてぐつぐつ煮込む。最後にヨーグルトと先ほどのタマネギを投入し、さらにしばらく煮込む。初めてで戸惑うこともあり、結局トータルで3時間くらいかかってしまった。

ChickenCurry3.jpgChickenCurry2.jpgさて、完成したカレーを早速いただいてみる。まともなものができるのかと始める前はちょっと不安もあったが、食べてみるとなかなかの味だ。ルウを使う普通のカレーももちろんおいしいが、こうやって一からつくるとやはりまるで違う。何より、数種類のスパイスが醸し出す香りが食欲をそそって何とも言えない。レシピに指示されている通りにしたのだが、やはり辛さはそれなりに強く、少し食べただけで汗が噴き出してくる。妻がつくったラッシーで喉を中和しながら、おいしく最後までいただいた。

まだ他のレシピもたくさん出ているので、時間のあるときにまたつくってみることにみよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/638

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年3月30日 21:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.170」です。

次のブログ記事は「倉橋の海」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07