名人戦第三局

| コメント(0) | トラックバック(0)

忙しい水曜日。朝から会議があり、午後は解析学の講義と演習。演習の時間はその場で配付した問題をやってもらい、机間巡視しながら質問を受け付けるスタイルでやっているが、今日はやたらと質問が多くて大変だった。先月のうちは質問があってもおずおずという感じだったのに、連休明けは何だかみんな遠慮がなくなってきたような気がする。もっとも、理解していないのなら黙っているより質問してくれる方がずっといい。

将棋名人戦第3局は2日目の対局が今日行われていたが、つい先ほど羽生二冠が投了したようだ。これで森内名人の2勝1敗となった。お昼頃までは羽生二冠の攻めが切れ模様で、まだ明るいうちに終局してしまうのではないかと言われていたが、不利になってからも粘りに粘り、最後は両者1分将棋になったらしい。タイトル戦はこうでなくてはいけない。ここまでは順当に先手を持った方が勝っているので、やはり後手番でブレークした方が大きく勝ちに近づくことになるだろう。2週間後の第4局も注目したい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/675

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2012年5月 9日 22:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「暗譜での演奏」です。

次のブログ記事は「演習問題の採点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07